半導体の技術で
夢を、未来をカタチに。

ENTRY MY PAGE

Voice社員の声

クロストーク

TALK01

技術 vs 営業
~その案件、動かしてるのはどっち!?~

写真
写真

写真左より

国内営業Oさん

2018年入社
 人間環境学部

LSI商品開発Nさん

2009年入社
 電気電子工学

国内営業Mさん

2008年入社
 経済学部 経済学科

LSI商品開発Sさん

2012年入社
 情報科学部

「技術」と「営業」で、強力タッグを組む!

Mさん

あるお客様の担当を前任者から引き継いだときに、ロームからどのような提案をすれば貢献できるかを考えていたんです。すると、お客様のご要望を満足させられる製品を開発していたので、「そうだ、提案にはロームの良さを最大限伝えるために技術者にも同席してもらおう」と。

Nさん

そう来たら僕ら開発としても「すぐ行きましょ!」と。ロームの技術者は設計業務のほかに、新商品の企画や開発した製品の拡販など、守備範囲が広めです。そのなかで時には営業チームと一緒になって、より専門的な技術の説明やローム製品の価値・メリットを、開発者目線でお客様にお伝えする役割も担っています。

Mさん

Nさんとタッグを組んだプロジェクトも、お客様に高くご評価いただき、無事に採用いただきましたよね。でもあのときは、開発チームに提案の方向性を何度も相談したり、さらにはサンプルの修正などで、少しキツいお願いをしたかも。

Nさん

キツいとかは全然なくて、むしろお客様との間で納品日程の調整をしていただいたり、最後の最後までお客様の満足度を高めようと、Mさんが動いてくれていた印象です。開発とは別の製造チームも、Mさんのおかげだって言っていましたよ!(笑)

写真
写真

自分から動けば、まわりも動いてくれる!

Oさん

僕は文系出身の営業ですが、入社当初は技術的な知識がまったくなく、技術の先輩に頼りっぱなしで本当に頭があがらないです。「こんな相談をして困らせたりしないかな…」って、胸のうちでよく思っていました。

Sさん

もっと気軽に聞いてくれたらいいし、むしろ僕ら開発チームはつくることに一生懸命になりすぎるから、Mさんくらい何度も方向性を提言してくれたり、時にはグイグイと来てくれたほうがありがたいかも(笑)。

Mさん

ロームは入社1年目から幅広い業務を任せてもらえるからね。営業なら製品の話、価格の交渉、納期の調整など、あらゆる面でお客様とやりとりし、それを架け橋として社内にフィードバックする。自分のアクション次第でお客様や同僚、会社が動いてくれるのが大変ありがたいし、やりがいも大きいと思います。

Nさん

開発も似ていますね。企画から設計、お客様との打合せ、各部門とのやりとり。それを若手がこなそうとすると最初は大変です。でも次第にそれに慣れてくると、お客様や同僚の声をきっかけに新しいものをつくれたり、仕事がぐんと面白くなってきます。

それぞれの「達成感」に向かってチャレンジ!

Mさん

ロームは営業や技術など、それぞれの部門の間に壁や垣根のようなものがなく、職種や役職が違っても、誰とでもフランクに話せる風土がありますよね。

Nさん

同じプロジェクトに取り組んでも、達成感を感じるタイミングは人それぞれです。各々のタイミングで達成感をかみ締めながら、ローム製品を世界中のお客様に供給するという共通のゴールをめざせるのも、面白いところですね。

Sさん

製品が世に出るまで数年かかることもありますし、僕は数ヵ月かけて設計したサンプルが正しく機能したときの、あのホッとする瞬間がたまらなく好きです(笑)。

Oさん

僕は営業なので、提案をしていた案件が決まり、お客様から「採用です」と言っていただけたときが嬉しいですね。

Mさん

最初は提案に興味を示されなかったお客様も、ロームの製品を採用したらどうなるかなど、話が具体的になってくると、ロームへの期待を感じます。競合他社よりもロームを高く評価いただけると凄く嬉しいです!

Nさん

私もお客様とのやりとりが達成感の源ですね。これからもお客様の声を大切にするロームとして、技術と営業でがっちりタッグを組んでいきましょう!

写真

※記事内容、及び社員の所属は取材当時のものです。