2019 ROHM Hamamatsu RECRUITMENT INFORMATION

ローム浜松の役割

製品の品質の鍵となる「垂直統合型生産体制」においてローム浜松は欠かせない役割を担っています。

グループ旗艦工場としての役割

シリコンウエハの製造から完成品にいたるまでを一貫して行う「垂直統合型生産体制」で、品質のつくり込みを行うロームグループ。ローム浜松はグループの旗艦工場として、製品の品質に多大な影響を与える前工程(ウエハプロセス)を担当。
グループ最大規模の生産量を誇っています。

ローム浜松の「やらまいか現場力」

  • 物流進化への挑戦 多品種少量生産を行うローム浜松の生産ラインでは、納期の異なるさまざまな製品が日々同時に生み出されています。
    その複雑な生産を、高い技術力を持つエンジニアの知恵と自動搬送システムなどのIoT技術で実現しています。
  • 装置革新への挑戦 ロームグループで唯一の大口径(300mm)ウエハプロセスラインを有するローム浜松。
    前例のない中で生産装置の自社開発や改良を進め、高品質で信頼性の高い生産処理条件を実現。量産性に適応できる生産ラインを確立しました。
  • 最高品質への挑戦 お客様目線に立ち、品質を第一とするマインドをもって、品質管理や解析のシステムを活用。不具合の予兆見地から未然防止を図るなど、ゼロディフェクト(不良品ゼロ)を追求しています。
PAGE TOP