半導体の技術で
夢を、未来をカタチに。

ENTRY MY PAGE

Voice社員の声

先輩インタビュー

技術を広く発信することが、
新たな可能性を生み出す。

  • 新卒採用
  • 文系
  • 事務・受付

事務・アシスタント2017年 入社
心理・行動科学科

良い商品が生まれるきっかけを提供したい。

私は研究開発の部門で勤務しています。ロームには、社会をより良くするために商品を開発している技術者がたくさんいます。私が担当するのは、そういった技術者が何を目指し、何を達成したかを広く知っていただく機会をつくること。具体的には、社内の新技術や新商品を全社に発表する「新技術・新商品発表会」の運営、ご来客への研究内容紹介が主な業務です。「新技術・新商品発表会」は、技術者にとって日頃の成果を知ってもらい、仕事に対するモチベーションを高めたり、他の技術者からアドバイスをもらうことができる場です。また、普段は接点のない社員同士が交流を行うことで、自らの持つ技術との組み合わせを考えるチャンスにもなります。多くの社員が技術を通して新たな可能性を探っている姿を見ると、私たちの仕事が、良い商品を生み出すきっかけのひとつになっているのではないかと感じます。また、来客への研究内容紹介を通し社外のお客様に最新の研究開発のアクティビティを知っていただくことは、ロームへの信頼や商品の採用、共同研究の検討にもつながります。自らの手で商品や技術を作っていなくとも、社会に貢献できるやりがいのある仕事だと感じています。

写真
写真

憧れの先輩の背中を追いかけて、ロームへ入社。

私がロームへの入社を志望したのは、担当業務のエキスパートになれるという職種区分に魅力を感じたことがきっかけです。また、それ以上に決め手となったのが、人事担当者の人柄に惚れ込んだことです。前向きで自信に満ち溢れている姿を見て、同じ女性としてこんな風に働きたいと強く思いました。ロームから内定をいただき、入社が決まった時には大喜びしました。その方は、あいにく私の入社後に本社から新横浜に転勤されてしまいましたが、今でも憧れの存在です。私も先輩のように自信をもって仕事に取り組めるよう、日々勉強を続けています。私はもともと文系学部の出身なので専門用語や業界の知識は、入社後に一から学んできました。特に苦労するのは、海外からのお客様向けに研究紹介パネルを作成する時です。日本語で理解するのも難しい専門用語を自分なりに噛み砕き、英訳しています。今は、技術者や部内の外国人社員にアドバイスをもらいながら行っていますが、今後は英語や中国語など語学力を高めていきたいです。また、自社商品を中心とした技術情報収集だけでなく、職場の安全衛生業務に関連した資格取得に向けた勉強も最近はじめました。仕事を通じて、より多くの人と関われるよう、それぞれの知識レベルをさらに磨いていきたいです。

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

※記事内容、及び社員の所属は取材当時のものです。

先輩インタビュー 一覧へ戻る >