半導体の技術で
夢を、未来をカタチに。

ENTRY MY PAGE

Voice社員の声

先輩インタビュー

より働きやすく、
働きがいのある会社へと変えていく。

  • 新卒採用
  • 文系
  • 管理

人事2017年 入社
経営学部 経営学科

背伸びした挑戦の積み重ねが成長につながる。

私たち人事の役割のひとつに、様々な手段を用いて、働きやすい職場を実現していくことが挙げられます。中でも私が担うのは、働きやすい職場環境を整備する労務管理全般と社員一人ひとりの成長を促進する人事制度の企画・運用といった業務。自分次第で会社をより良い方向に変えていくことができる、やりがいのある仕事です。例えば、育児や介護、通院等、多様化する社員一人ひとりの諸事情に対応するため、1時間単位から有休を取得できる時間単位有休を導入しました。このような人事制度を企画する際には、世の中や他社の動向を収集することに加え、様々な部署・立場の方に会い、声を聞き、制度に落とし込んでいます。仕事に取り組むうえで大切にしているのは、社内外の変化をキャッチできるよう、常にアンテナを張っておくこと。社外のセミナーにも積極的に参加し、新しい情報や価値観に触れ、自身をアップデートしています。もうひとつは、スケジュール管理の徹底です。同時並行で様々な業務に取り組むため、スムーズに進行できるよう、締め切りから逆算して計画立てることを習慣化しています。それでも、時には、自分の能力を超える業務量や難易度に立ち向かわないといけない場面もあります。そんな時こそ、ストレッチの機会と捉え、背伸びをしてでも挑戦するようにしています。その挑戦の積み重ねが、自ずと成長につながっていくのではないかと考えています。

写真
写真

未知の領域にも積極的に挑んでいきたい。

人事は、成果を数値的に把握することが難しい仕事です。その分、社員から「変わったね」とポジティブな声を聞けると、やはり嬉しいですね。私の取り組みが社員のモチベーションやパフォーマンスの向上につながり、付加価値の高いアウトプットを実現できれば、微力ではありますが、社会全体にも貢献できるのではないでしょうか。今後の私の目標は、「働きやすい会社」に加え、「働きがいのある会社」を創っていくこと。社員や組織の能力が最大限に発揮できるような仕組みづくりができればと思います。人事の不変的なミッションは、「優秀な人財を採用し、育成し、長く活躍していただくこと」。今、私が担っているのは、主に「活躍」の部分ですが、近い将来、採用や育成にも携わってみたいですね。実は、入社前の私は、会社や仕事に対してネガティブなイメージを抱いていました。もっと厳しく、辛いものなのではないかと思っていたのです。けれど、入社後にそのイメージは払拭されました。常にアットホームな雰囲気の中、冗談を交えながら自分らしく居られる職場環境はとても居心地の良いものです。また若手でも努力の成果を認めてもらえる風土が根付いており、私自身も年に一度行われる社長賞で表彰されました。こういった点もロームならではの特徴ではないでしょうか。同じ環境に居続けると成長は鈍化してしまうので、今後は未知の領域にも積極的に挑戦し、人事として、さらにひとりの人間として幅を広げていきたいです。

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

※記事内容、及び社員の所属は取材当時のものです。

先輩インタビュー 一覧へ戻る >