半導体の技術で
夢を、未来をカタチに。

ENTRY MY PAGE

Voice社員の声

先輩インタビュー

世の中の課題を技術の力で解決し、
より豊かな社会を目指す。

  • 新卒採用
  • 理系
  • 技術

研究開発2018年 入社
人間知能システム工学専攻

予想外の実験結果から次のアプローチを模索。

私が取り組むのは、新規センサ商品の研究開発です。具体的には、商品開発に向けた材料や装置の選定、開発の中で発生した疑問や課題を解決するための実験の実施、サンプルの解析などを行なっています。実験は、社内だけではなく、大学施設へも足を運び、装置をお借りして行うこともあります。実験や分析を実施していると、誰も予想していなかった結果が得られることも少なくありません。そういった予想外の結果から浮かび上がった新たな課題に対して、どんなアプローチで実験を組んでいくべきか、筋道を立てて追求する作業は大変ですが、やりがいも感じます。一方で、先輩との知識や経験の差に仕事の難しさを痛感する場面も多々あります。技術的なことだけに限らず、仕事に向き合う姿勢や考え方においても見習うべき点が多く、いつも先輩から刺激を受けています。少しでも先輩との差を縮められるよう心がけているのは、指示されたことだけをするのではなく、主体的に動くこと。積極的に社内外の展示会やセミナーに参加して最新情報を収集し、自分の研究に活かせるように日々勉強中です。

写真
写真

研究開発を通じて、ロームを牽引できる人になりたい。

大学院では、人間の脳の仕組みを電子回路に応用するニューロモルフィックデバイスの研究を行ってきました。就職活動をする頃には半導体・電子部品業界に興味をもっていたように思います。最終的には、面接での印象や自分自身の直感にしたがって、ロームへの入社を決めました。就職活動中は様々な情報に惑わされてしまいがちですが、最後に決めるのは自分でしかありません。今、就職活動を行っている方々にも自分で判断し、自分の言葉で表現することを大事にしてほしいですね。私が感じるロームの魅力は、自社をより良くするために、そして社会をより良くするために変革を恐れないところ。私が開発に携わっているセンサ商品は現在事業化へ向けた開発段階の途中ですが、今後世の中に普及すれば、生活をより豊かなものへと変えていくことができるのではないかと思います。将来的には、社会のニーズを汲み取って、研究開発としてどんな商品を生み出すべきかを導くことができる人になりたいですね。

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

※記事内容、及び社員の所属は取材当時のものです。

先輩インタビュー 一覧へ戻る >