IoT技術情報サイト

イベント

具体化が進み商品化されたIoTソリューションも
ロームとラピスセミコンダクタの「無線・マイコン・センサ」が一同に

ロームとラピスセミコンダクタは、2017年11月15日~17日に開催された「Embedded Technology 2017 組込み総合技術展&IoT総合技術展」に出展しました。ブースでは、IoTに向けた「無線、マイコン、センサ」を中心とした半導体製品とともに、アプリケーションを見据えたデモ機とソリューションを多くの来場者にご覧いただきました。また、製品やソリューションに関するエンジニアリングプレゼンテーションにも、多くの方に参加いただきました。

IoT技術革新のコアとなる半導体LSIとそれをベースにしたIoTソリューション

ブース内には、無線、センサ、マイコン、アナログパワー、メモリの半導体LSIとモジュール、IoTソリューションとしてはLazuriteとTensolveTM、そして、スマートファクトリ、車載、バッテリマネジメントのソリューションも展示しました。

センサ関連では、ET 2015で「IoT テクノロジー優秀賞」を受賞した土壌センサの量産タイプに目が集まりました。また、先月出展したCEATEC 2017でも注目された「LPWA対応デュアルモード無線通信LSI:ML7404」が同様に注目を集めていました。

デモとしては「見える化」をテーマにした、マイコンボードLazuriteを使った「消費電力モニタリング」と、新規のシステムソリューションのTensolveによる「人の位置情報検出とモニタリング」をご覧いただきました。また、昨年来デモを行っているEnOceanモジュールを中心にしたスマートファクトリー/マシンヘルスは、すでに現実的なソリューションとして認知が進んだ印象でした。

マイコンでは、先般リリースした16ビットタフマイコンの新シリーズスタータキットのデモを行いました。また、無線技術と電源技術の融合とも言える、「13.56MHzワイヤレス給電チップセット」や「外部センサへの電力供給機能を搭載したRFIDインタフェースLSI」にも注目が集まりました。

ceatec_report2017_power_ttl

「IoTのベース」として、興味深いものをピックアップしてみました。なお、今回の展示やデモには、先に実施されたCEATEC 2017のレポートで紹介済みのものがいくつかあります。それらは、ここでは割愛しますので、TECH INFOおよびTECH INFO IoTにアップされているCEATEC 2017レポートもあわせてご覧ください。

業界初、リアルタイム土壌環境センサユニットが量産に

土壌センサユニット「MJ1011」は、直接土の中に埋め込むことで、EC(電気伝導度)、pH(酸性度)、地中温度、含水率などの土壌環境指標を同時にリアルタイムで測定することが可能です。半導体方式の土壌センサやアナログフロントエンドチップ、マイコンなどラピスセミコンダクタオリジナルのチップセットを搭載しています。定量的にデータを蓄積し、栽培や管理へフィードバックすることで、経年データの比較や将来予測などによる生産性向上および品質管理、安定した出荷など、様々な利用方法と効果が期待できます。農業法人などとの連携により実証実験重ね十分な成果を確認できたことから、2018年4月末より量産出荷を予定しています。

et_report2017_img01

et_report2017_graf01
et_report2017_graf02

ヒトの動きやモノの状態を検知するIoTの「しくみ」

et_report2017_img02

「TensolveTM IoTフレームワーク」は、ヒトの動きやモノの状態を検知するIoTの「しくみ」を提供するソリューションです。Bluetooth® beacon受信とWi-SUN送信を行うBridge box(2.4GHz/920MHz帯)の「Tensolve Box MJ8920」と、加速度センサ内蔵のBluetooth® beaconデバイス(2.4GHz帯)の「Tensolve beacon MJ8930」でセンサネットワークを構成し、大量のセンサデータを簡単にクラウドへ送ります。ラピスセミコンダクタの低消費電力商品群で構成されており、Bluetooth beaconシステムをWi-SUNネットワークで拡張することで、安価で広範囲な通信環境を構築できます。現在、開発中ですが、建設現場や製造現場で作業員の状況を可視化する、医療機関や介護施設、保育施設での見守り補助などへの展開が見込まれます。

et_report2017_graf03
et_report2017_graf04

ウェアラブル機器向け世界最小ワイヤレス給電

ML7630、ML7631は、13.56MHzワイヤレス給電(NFC)チップセットです。13.56MHzを使用することにより小型アンテナにて対応可能で、2.6mm角のWL-CSPとあわせて世界最小*のワイヤレス給電が可能です。(*2017年6月ラピスセミコンダクタ調べ)。MicroUSBコネクタが必要とする実装面積の半分の実装面積で済むので、充電電力が見合えばMicroUSB充電の代替として検討可能です。Bluetoothヘッドセット、活動量計、スポーツウォッチなどのウェアラブル機器、補聴器、電子ペンなどアクセサリや非接触センサへのワイヤレス給電/通信などに展開できます。現在開発中です。

et_report2017_img03

et_report2017_graf05
et_report2017_graf06

ワイヤレスセンサノードに給電可能なRFIDインタフェース

ML7900、ML7901はパッシブRFIDインタフェースLSIで、RFIDリーダの電波より電力を回収し、センサなどの外部デバイスへ給電する機能を搭載しているのが特長です。基本的なRFIDインタフェースを提供しつつ、例えば外部センサのバッテリを不要にします。UHF帯(860~960MHz)対応、高データスループット伝送モードサポート、10m通信を実現する高受信感度(非電力供給時)、2アンテナによる偏波方向によらない安定通信が特長です。コールドチェーン用データロガー、機器アクティベーション、ワイヤレスセンサなどで給電機能を利用できます。現在開発中です。

et_report2017_graf07
et_report2017_img04