IoT技術情報サイト

知って得するキーポイント

16ビット汎用マイコン:ML62Q1300/1500/1700グループ

家電国際規格IEC60730の安全項目、
業界トップクラスの13項目に対応

注目ワード
  • ML62Q1300 / 1500 / 1700グループ
  • 120機種からなるラインアップ
  • 独自のノイズ耐性技術
  • 家電国際規格IEC60730
  • スタータキット
  • IEC60730-1 Annex H Software class B

ラピスセミコンダクタは先ごろ、生活家電や白物家電、警報・防犯機器などの産業機器に向けて、オリジナルの16ビットCPUコアを搭載した汎用マイコン「ML62Q1300 / 1500 / 1700グループ」を発表しました。入出力ピン数やプログラム容量の異なる120機種からなるラインアップ独自のノイズ耐性技術家電国際規格IEC60730安全項目中13項目に対応など、業界トップクラスの機種展開と安全性を特長としています。

業界トップクラスの家電に関する安全機能、IEC/UL 60730の13項目をサポート

昨今の電化製品はマイコンが使われていることもあり、マイコンの機能により安全を確保するという手法がとられています。それに伴い、危険回避のためマイコン自身の故障をマイコン自らが故障診断する安全機能が求められています。

ML62Q1300 / 1500 / 1700グループは、ハードウェアによる安全機能で、家電の国際規格IEC60730が定める安全項目において、業界トップクラスの13項目に対応しています。マイコン自身に生じる不測の事態を検知し機器を安全に終了、またはリセットして初期状態に戻すことが可能です。

  • ・自己診断機能:ペリフェラル回路診断でマイコン内部の故障を発見
  • ・エラー検出機能:CRC演算回路を使ったエラー検出、ROM未使用領域へのアクセス検出で誤データを発見
  • ・メモリ保護機能:メモリやレジスタの誤書き込みを防止

16ビット汎用マイコンML62Q1300/1500/1700グループの安全機能。

表に各機能の概要をまとめました。

ML62Q1000シリーズに搭載された安全機能
機能名 内容
RAMガード 指定したRAM領域への書き込みを禁止する機能
SFRガード SFRへの書き込みを禁止する機能
逐次比較型A/Dコンバータのテスト 逐次比較型A/Dコンバータの自己テスト機能
RAMパリティエラー検出 RAMのパリティエラー発生の確認とパリティエラー発生時にLSIのリセットを発生する機能 (SFRでリセット発生許可/禁止可能、リセットステータスフラグあり、パリティエラーフラグあり)
ROM未使用領域アクセスリセット CPUのプログラムカウンタ (PC) を監視し、不正な領域のプログラムを実行した場合にリセットを発生させる機能 (コードオプションでリセット発生許可/禁止可能、リセットステータスフラグあり)
クロック相互監視 高速クロック、低速クロックが正常に発振しているか監視する機能
CRC演算 フラッシュメモリのデータ誤りや任意データの誤りを検出する機能
通信機能の自己テスト (UART) UART自己テスト機能
通信機能の自己テスト (SSIO) SSIO (同期式シリアルポート) 自己テスト機能
通信機能の自己テスト (I2C) I2C自己テスト機能
WDT カウンタ読み出し WDTカウンタ読み出し機能
ポート出力 レベルテスト機能 汎用ポート自己テスト機能
マイコンステータス割り込み RAMのパリティエラー発生による割り込み、自動CRC演算完了による割り込み、データフラッシュの消去・書き込み完了による割り込みを制御する機能
クロックバックアップ機能とそのテスト機能
※ ML62Q1400 / ML62Q1500 / ML62Q1600 /
ML62Q1700に搭載。
低速水晶発振が停止した場合、低速RC発振に自動で切り替える機能とそのテスト機能

また、マイコンの自己診断機能ソフトウェアによって、自動電気制御装置の国際規格IEC/UL 60730に対応可能です。IEC60730-1 Annex H Software class Bに対応した自己診断ソフトウェアをサンプルソフトウェアとして提供可能です。

ML62Q1000シリーズの自己診断ソフトウェアがサポートする機能
対象 自己診断機能 内容
CPU レジスタテスト CPUの内部レジスタのスタック故障を検出
プログラム
カウンタテスト
プログラムカウンタのスタック故障を検出
割り込み 割り込みテスト 割り込みの故障を検出
クロック 発振周波数テスト それぞれ単独で動作している低速クロックと高速クロックの
周波数を測定し異常を検出
メモリ フラッシュ
メモリテスト
プログラムコード領域のビット故障をCRCチェックにより検出
RAMテスト RAMの読み書きテストによりDC故障を検出
入出力 GPIOテスト 出力データを自己読み出しし、出力データの異常を検出
A/Dコンバータテスト フルスケール/ゼロスケール/内部基準電圧をA/D変換し、
A/Dコンバータおよびアナログスイッチの異常を検出
UART/SSIO/I2Cテスト 送信データと受信データを内部で接続し、通信用回路の異常を検出
その他 WDTテスト WDTカウンタを読み出し、WDTカウンタの異常を検出

充実したサポート体制

簡単に評価を開始できるスタータキット、リファレンスボードとエミュレータなど、「開発支援システム」を用意しています。スタータキットは、ネット商社で1個から購入可能です。また、公開セミナーおよびプライベートセミナーも開催しています。さらに、ホームページからユーザ登録していただくことで、様々なマニュアルやリファレンスソフトの最新情報が入手できる「サポートサイト」など充実したサポート体制を提供しております。

16ビット汎用マイコンML62Q1300/1500/1700グループのサポート体制。

技術資料ダウンロード