IoT技術情報サイト

知って得するキーポイント

16ビット汎用マイコン:ML62Q1300/1500/1700グループ

家電から小型産業機器用途を
網羅する120機種をラインアップ

注目ワード
  • ML62Q1300 / 1500 / 1700グループ
  • 120機種からなるラインアップ
  • 独自のノイズ耐性技術
  • 家電国際規格IEC60730
  • タフマイコンのコンセプト
  • 高いノイズ耐性と高温動作
  • スタータキット

ラピスセミコンダクタは先ごろ、生活家電や白物家電、警報・防犯機器などの産業機器に向けて、オリジナルの16ビットCPUコアを搭載した汎用マイコン「ML62Q1300 / 1500 / 1700グループ」を発表しました。入出力ピン数やプログラム容量の異なる120機種からなるラインアップ独自のノイズ耐性技術家電国際規格IEC60730安全項目中13項目に対応など、業界トップクラスの機種展開と安全性を特長としています。

家電から小型産業機器用途を網羅する120機種をラインアップ

ML62Q1300 / 1500 / 1700グループは全120機種のラインアップにより、アプリケーションに応じたプログラムROM容量、周辺機能、I/O数などを選択でき、実装面積、コストを含めて過不足のない最適な選択が可能になります。また、ラピスセミコンダクタのタフマイコンのコンセプトを継承しており、高いノイズ耐性と高温動作に対応しているので、家電から小型産業機器まで幅広いアプリケーションをカバーします。

<特長>

  • ・プログラムROM容量:16KB~512KB
  • ・パッケージ
     -プログラムROM容量に応じてSSOP、TSSOP、WQFN、QFP、TQFPのパッケージをラインアップ。
     -フロー半田の基板実装に対応可能なピン間0.65mmピッチ以上のパッケージを多数用意
  • ・ピン数:16~100
  • ・端子互換性:ピン数を変更しても端子の配置をほぼ同じにしたことでスケーラビリティを確保
  • ・高ノイズ耐性:間接放電試験で±30kV以上(ラピスセミコンダクタ調べ)
  • ・高温動作:105℃

以下にラインアップ、アプリケーションイメージを示します。ラインアップの詳細、搭載している周辺機能の詳細はこちらを参照願います。

16ビット汎用マイコンML62Q1300/1500/1700グループのラインアップおよびアプリケーション。

この表はROM容量/ピン数について、他社製マイコンとのラインアップを比較したものです(ラピスセミコンダクタ調べ)。ML62Q1300 / 1500 / 1700グループのバリエーションが非常に豊富であることがわかります。

16ビット汎用マイコンML62Q1300/1500/1700グループの他社とのラインアップ比較。

16ビットマイコンML62Q1300 / 1500 / 1700グループ基本仕様
項目 仕様
CPU ラピスセミコンダクタオリジナル 高性能16ビットRISCコア搭載
機能 安全機能搭載
高ノイズ耐性 ±30kV以上 (間接接触放電、ラピスセミコンダクタ調べ)
Flash ROM 16KB – 512KB
RAM 2KB – 32KB
Data Flash 2KB – 8KB
10ビットADC 6 – 16ch
アナログコンパレータ 1ch – 2ch
8ビットDAC 0 – 1ch
LCDドライバ 8com × 24seg – 60seg (ML62Q1700グループのみ)
動作温度 -40°C ~ 105°C
電源電圧 1.6V ~ 5.5V
ピン数 16、20、24、32、48、52、64、80、100ピン
パッケージ WQFN16、SSOP16、TSSOP20、WQFN24、WQFN32、TQFP32、TQFP48、TQFP52、TQFP64、
QFP64、QFP80、QFP100、TQFP100

充実したサポート体制

簡単に評価を開始できるスタータキット、リファレンスボードとエミュレータなど、「開発支援システム」を用意しています。スタータキットは、ネット商社で1個から購入可能です。また、公開セミナーおよびプライベートセミナーも開催しています。さらに、ホームページからユーザ登録していただくことで、様々なマニュアルやリファレンスソフトの最新情報が入手できる「サポートサイト」など充実したサポート体制を提供しております。

16ビット汎用マイコンML62Q1300/1500/1700グループのサポート体制。

技術資料ダウンロード