IoT技術情報サイト

知って得するキーポイント

MK71251-01/02:さらに小型で低消費電力のBluetooth® low energy対応モジュール

「らくら~くモジュール」第2弾。
v4.1準拠、小型化と低消費電力化を推進

注目ワード
  • Bluetooth SMART
  • Bluetooth low energy
  • 低消費電力
  • 小型
  • BluetoothR SIG Core Specification v4.1
  • 高周波設計不要
  • 無線特性調整不要
  • 電波法認証取得不要
  • カナダIC
  • Bluetooth SIG認証
  • マスタースレーブ
  • スレーブ専用
  • Beacon

先ごろラピスセミコンダクタは、Bluetooth low energy対応無線通信モジュール「らくら~くモジュール」の第2弾として、「MK71251-01」、「MK71251-02」の2機種を発表し販売を開始しました。また、これらのモジュールの評価用にUSBドングルタイプの評価キットを用意しており、同様に販売を行っています。第2弾の「らくら~くモジュール」は、基本コンセプトである「すぐに使える」を継承し、Bluetooth® SIG Core Specification v4.1への対応、そして、さらなる小型化と低消費電力化を図った製品です。 すぐに評価を開始できる、業界トップクラスの低消費電流の小型Bluetooth low energy対応モジュール 新製品の「MK71251-01」および「MK71251-02」は、従来のBluetooth low energy(v4.0)モジュールMK71050-03と同様に、誰もが簡単に速攻で評価を開始できるように開発され、評価キット、ソフトウェア開発キット、スマートフォンアプリが提供されています。

以下が、これらの新しいモジュールのポイントになります。

  • 高周波設計不要:アンテナを含むBluetooth low energy無線通信に必要なすべてを搭載
  • 無線特性調整不要:モジュールとして無線性能を調整および保証
  • 電波法認証取得不要:国内法、米国FCC、欧州CE、「カナダIC」を取得済み
  • ・相互接続性のためのBluetooth SIG認証を取得済み
  • NEWBluetooth SIG Core Specification v4.1に対応:v4.1対応無線通信LSI ML7125-xxを搭載
  • NEW ⇒ 従来品より面積を40%削減:小型WCSPのML7125-xxとパターンアンテナを採用
  • NEW ⇒ 従来品より通信間隔2秒の平均消費電流を54%削減:超低消費電力を実現したML7125-xxを搭載
  • NEWマスタースレーブ切り替え可能なMK71251-01とスレーブ専用のMK71251-02をラインアップ

MK71251-01/MK71251-02の新製品として特徴的なところをまとめました。

▶ さらに小型になり、Bluetooth low energy無線通信に必要な部品をすべて搭載

面積を40%削減しました。その中に必要な部品はアンテナを含めてすべて搭載されています。

新製品MK71251
パターンアンテナ・シールド

▶ さらに低消費電力に

小型低消費電力のBluetooth SIG Core Specification v4.1対応無線通信LSIのML7125を搭載しました。モジュールでの消費電流の比較を示します。

  MK71251-01/02 MK71050-03
送信時 6.7mA(typ) 9mA(typ)
受信時 6.2mA(typ) 9mA(typ)

lpwr

▶ 用途に応じた2つのモジュールをラインアップ

MK71251-01:マスタースレーブ切り替え。IoT機器に幅広く対応
スレーブを2つまで同時接続が可能です。さらにMCUからコントロールし、100kbpsのデータレートにも対応。スポーツウォッチ、IoT機器など幅広い用途に適したモジュールです。

MK71251-02:スレーブ専用。Beaconやシリアル通信を低消費電流で実現
ファームウェアをBeaconやシリアル通信向けに特化。外部MCU不要としたスレーブ専用低消費電流モジュールです。

lineup
master

以下に、MK71251-01/MK71251-02の主な仕様と内部ブロック図を示します。

MK71251-01/MK71251-02の主な仕様と内部ブロック図

b_01
b_02

さらに小型化と低消費電力化が進み、アプリケーションに合わせて2つのタイプから選べるようになった「らくら~くモジュール」は、無線設計や認証手続きなどのリソースがない場合でも、すぐに評価が開始でき、簡単に機器へBluetooth low energy無線通信機能を実装することを可能にします。

関連記事

関連情報

技術資料ダウンロード