IoT技術情報サイト

イベント

ロームは、2017年10月3日~6日に開催されたCEATEC JAPAN 2017に出展しました。今年も製品展示に加え、多彩なステージやデモを行い、昨年に続きIoTに向けたロームの半導体ソリューションを、数多くの来場者の方々にご覧いただきました。また、CEATEC AWARD 2017では、「世界初!自動車のノイズ対策を不要にするオペアンプ」が、イノベーションテクノロジ・ソフトウェア部門において準グランプリを受賞しました。これで、ロームグループとして7年連続の受賞となりました。

「ROHM’s Technology」、「ROHM’s Playground」、「半導体製品」
キーワードは「IoT」、「センシング」、「オートモーティブ」、「インダストリアル」

ceatec_report2017_power_img01

ROHM’s Technology」では、オートモーティブインダストリアルをテーマにした展示を行いました。オートモーティブでは、自動運転に向けたAutomotive 4.0、そして、環境、安全、快適を促進する数々の機能を搭載した車両型のデモ機を展示し、来場者の方々に体験していただきました。インダストリアルでは、昨年大きな反響をいただきましたマシンヘルスモニタリングの発展タイプのデモと、周辺設備モニタリングと関連するセンサ類を紹介いたしました。

ROHM’s Playground」では、ローム主催のアイデアコンテスト「ROHM OPEN HACK CHALLENGE 2017」で選ばれた優秀作品5製品を展示しました。また、「Creator‘s Co-Lab」では、3年目を迎えたORIZURU Projectが「最先端技術×京の伝統工芸」をテーマに、和紙を纏ったORIZURUが飛行しました。また、ロームセンサメダルを応用した弦楽器レッスン用アプリのBowing Vision、ロームのモーションセンシング技術でジェスチャーコントロールを実現したメカニカルロボット「メカモ」の操作を体験いただきました。

ceatec_report2017_IOT_ttl

IoT向け2モードLPWA対応無線LSI

ロームグループのラピスセミコンダクタが開発した「ML7404」は、免許不要のSub-GHz帯域を用いたLPWA(Low Power Wide Area:低電力広域通信)のなかでも、世界30カ国以上で採用が進み国内でも首都圏を中心にサービスが展開され始めた「Sigfox」、そして、妨害波耐性が高くより多くの端末をネットワーク下に収容できる国際標準規格「IEEE802.15.4k」の両方の無線方式に対応しています。このデュアルモード対応により、まだ流動性が否めないLPWAアプリケーションに柔軟な対応が可能です。

ceatec_report2017_IOT_img01

  • ceatec_report2017_IOT_graf01
  • ceatec_report2017_IOT_graf02

展示パネル(PDF)のダウンロードはこちら※11月10日(金)まで

ceatec_report2017_IOT_btn01

新法規対応産業用ドローン向け169MHz長距離無線モジュール

ceatec_report2017_IOT_btn02

今回出展した「169MHz長距離無線モジュール」は、ドローン等の無人機製造とAIを用いた自動運転技術を開発するロボットメーカーと、ロームおよびラピスセミコンダクタの共同開発品で、業界初の新法規対応ドローン向けモジュールです。2016年8月に総務省が「無人移動体画像伝送システム」を制度化し、新たに利用が可能になった169MHz帯を使用することで、今まで多く使用されてきた2.4GHz帯では実現できなかった長距離の通信が可能になります。

ceatec_report2017_IOT_btn02

ラピスセミコンダクタのSub-GHz無線通信LSIであるML7345に、1Wパワーアンプを追加しモジュール化したもので、高速電波チェック機能内蔵したML7345により、低消費電力を実現しています。また、高出力かつ低周波数のため障害物に強く、30キロ程の機体制御が可能です。

  • ceatec_report2017_IOT_graf03
  • ceatec_report2017_IOT_graf04

展示パネル(PDF)のダウンロードはこちら※11月10日(金)まで

ceatec_report2017_IOT_btn02

Lazuriteを使用した工場モニタリングシステム

工場の各種モニタリングシステム向けに、ラピスセミコンダクタ製のArduino Unoと互換の低消費電力マイコンボードLazuriteシリーズを使用したソリューションを提案しました。稼働中の使い慣れた製造機器にアドオンするだけで、モニタリングシステムを構築可能です。CTセンサや、温度、湿度、照度、気圧、磁気センサなどを、低消費電力センサノードとして利用できます。また、低コストで高性能なゲートウェイを、Node-REDで簡単プログラミングでき、IoTおよび各種モニタリングシステムを簡単に構築できます。

ceatec_report2017_IOT_graf05

展示パネル(PDF)のダウンロードはこちら※11月10日(金)まで

ceatec_report2017_IOT_btn03