IoT技術情報サイト

2019.12.11 EnOcean

Keil製統合開発環境(µVision® 4)

DOLPHIN V4 開発ツールと開発フロー

  • Facebook
  • Twitter

ここまで、DOLPHIN V4開発ツールのDolphin V4 APIDolphin V4 SuiteDolphinView Advancedについて説明してきました。今回は、「Keil製統合開発環境(µVision® 4)」について説明します。これで、DOLPHIN V4開発ツールは最後になります。

DOLPHIN V4開発ツール:Keil製統合開発環境(µVision® 4)

Keil製統合開発環境(µVision® 4)は、Dolphin V4 Suiteと連携して、オリジナルファームウェアのコーディング、コンパイル、書き込みなど一連のファームウェア開発作業を行うことができます。Keil製統合開発環境(µVision® 4)では、独自仕様やカスタマイズしたファームウェアを開発する際に必要となるコンパイラやアセンブラ、リンカ、デバッガなどの機能を持った統合開発環境が提供されています。

下図は、Keil製統合開発環境(µVision® 4)の操作画面の例です。基本的に、プロジェクトウィンドウ、エディタウィンドウ、出力ウィンドウで構成になっています。

DOLPHIN V4開発ツールKeil製統合開発環境(µVision® 4)の操作画面の例

なお、無償評価版µVision®では、コンパイラが生成できるコードとデータの合計サイズが2Kバイトに制限されています。コードとデータの合計サイズが2Kバイトを超える場合には、有償版が必要になります。

※2019年9月現在、Keil製統合開発環境 µVision®は、µVision® 5となっています。

キーポイント:

・DOLPHIN V4開発ツールのKeil製統合開発環境(µVision® 4)は、Dolphin V4 Suiteと連携して、オリジナルファームウェアのコーディング、コンパイル、書き込みなど一連のファームウェア開発作業を行うことができる。

・ファームウェアを開発する際に必要となるコンパイラやアセンブラ、リンカ、デバッガなどの機能を提供している。

・無償評価版µVision®では、コンパイラが生成できるコードとデータの合計サイズが2Kバイトに制限されているので、コードとデータの合計サイズが2Kバイトを超える場合には有償版が必要。

・2019年9月現在の、Keil製統合開発環境 µVision®は、µVision® 5となっている。

EnOcean