IoT技術情報サイト

2019.08.27 EnOcean

Dolphin V4 API

DOLPHIN V4 開発ツールと開発フロー

  • Facebook
  • Twitter

前回では、DOLPHIN V4 開発ツールの全体像を示しました。ここからは、各開発ツールについて説明して行きます。

DOLPHIN V4開発ツール:Dolphin V4 API

DOLPHIN V4開発ツールDolphin V4 APIは、送受信モジュールTCM 4xxJおよび送信モジュールSTM 4xxJに搭載するオリジナルファームウェアを開発する際に必要となるソフトウェアです。DolphinV4 APIにはEnOceanモジュールで使われているCPUであるDolphinV4coreの説明やAPIの説明が記載されたマニュアルやAPIを使用するためのライブラリファイル、様々なユースケースに応じたサンプルプロジェクトが含まれています。APIは、Application Program Interface:アプリケーションプログラムインタフェースの略です。

システム要求は、以下となっています。

  • ・Windows XP以降
  • ・CPU:1GHz、RAM:512 MB、HD容量:50 MB
  • ・Dolphin V4 SuiteとKeil 8051コンパイラ
画像:EnOcean開発ツールの例

また、コンパイルにはKeil PK51ツールセットを使います。DolphinV4 APIの主な特長は以下のとおりです。

  • ・給電が必要な送受信モードおよびエナジーハーベスト動作の送信モードの両方をサポート
  • ・EnOcean無線送信および受信の無線プロトコルスタックをサポート
  • ・豊富な外部インターフェースAPIを提供
  • ・リピーター機能APIを提供
  • ・SmartACK通信用APIを提供
  • ・リモートマネジメントプロトコル用APIを提供
  • ・EnOceanシリアルプロトコル(ESP3)をサポート

Dolphin V4 APIは以下からダウンロードできます。
https://www.enocean.com/jp/support/download/

また、マニュアルは上記からもダウンロードできますが、下記URLからZIPファイル形式で直接ダウンロードできます。
https://www.enocean.com/fileadmin/redaktion/support/dolphinv4-api/EO3100I_API.zip

なお、ダウンロードページには他のソフトウェアの情報も掲載されており、DolphinAPIというソフトウェアも存在するので、必ずDolphin V4 APIであることを確認願います。
次回はDolphin V4 Suiteに関して説明を予定しています。

キーポイント:

・EnOceanアプリケーション開発のためのツールがEnOcean社から提供されている。

・Dolphin V4 APIは、送受信モジュールTCM 4xxJおよび送信モジュールSTM 4xxJに搭載するオリジナルファームウェアを開発する際に必要となる、ライブラリやサンプルソースファイルが入ったソフトウェア(アプリケーションインタフェース)。