IoT技術情報サイト

2017.09.12 EnOcean

送受信モジュール : TCM 410J

EnOcean電池不要の無線モジュール

  • Facebook
  • Twitter

今回は、ゲートウェイに適した無線送受信モジュールについて説明します。

送受信モジュール:TCM 410J

TCM-410Jは、ゲートウェイに最適化された面実装(SMD)タイプの無線送受信モジュールです。UARTシリアルインタフェースを搭載しており、EnOceanのセンサモジュールやスイッチなどから無線信号を受信して、PCなどのホストにデータを伝送します。デフォルトではゲートウェイとして最適化されていますが、プログラミング端子からファームウェアを変更可能で、ゲートウェイの他、双方向通信を行うアクチュエータやリピータ(中継器)など、汎用の送受信モジュールとしても使用できます。

graf_20170912_02

TCM-410Jは、技適認証を取得済みです(技適番号206-000372)。アンテナは付属していませんが、ユーザーマニュアルに記載のアンテナであれば、別途、技適認証を取得する必要はありません。

TCM-410Jの概要と主な仕様を以下にまとめました。

  • ・EnOceanスイッチやボタン、センサからのデータを受信してホストへ伝送するゲートウェイとして最適化
  • ・ファームウェアの変更により、双方向通信を行う汎用送受信モジュールにも設定可能
  • ・リピータとしても設定可能(リピート上限は1階層)
  • ・Smart Ack機能により、ポストマスタとして最大15の双方向センサと通信可能
  • ・ESP3(EnOcean Serial Protocol V3)をサポート
  • ・Dolphin APIライブラリを使って、カスタムファームウェア書き込み可能
  • ・アンテナ:外付けホイップ、ヘリカル、PCB
  • ・周波数:928.35 MHz(FSK)
  • ・通信標準:EnOcean無線プロトコル2(FSK)
  • ・データレート:125kbps
  • ・レシーバ感度(25℃):-95dBm typ.
  • ・伝導出力電力:0dBm typ.
  • ・電源電圧:2.6V~5.0V
  • ・シリアルインタフェース:UART
  • ・消費電流
  •   受信モード(CUP分含む):27mA
  •   送信モード(CUP分含む):22mA
  • ・PCBサイズ:22×19×3mm
  • ・重量:1.9g
  • ・動作温度範囲:–25℃~+85℃
  • ・無線規格:ARIB STD-T108
  • ・技適認証取得済み:技適番号206-000372

前述のようにTCM 410Jはゲートウェイに最適化されています。以下に、TCM 410Jを使った代表的なゲートウェイシステムの例を示します。常時、受信可能な状態を維持する動作となるため、連続的に電力を供給可能な電源を必要とします。

graf_20170912_03

また、ファームウェアを変更することで、双方向通信のアクチュエータとして使用することが可能です。受信したテレグラム(入力データ、固有番号ID、チェックサム)に加え、そのときの受信強度(RSSI:Receive Signal Strength Indication)や受信を確定したサブテレグラム番号などを、UART経由でシリアルプロトコルによってホストへ伝送します。

同様にファームウェアの変更により、送受信機能を利用するリピータ(中継器)として動作させることも可能です。オリジナルのテレグラムとリピータが再生成したテレグラムは明確に区別されており、無制限にリピートされないような仕組みとなっており、リピータ機能の上限回数は1階層のみとなっています。

TCM 410Jの構成は、前回取り上げた送信モジュールSTM 400Jとほぼ同じですが、TCM 410Jは受信機能を常時使うため、スリープ機能がない点が異なります。TCM 410Jの内部構成とピン配置を示します。STM 400Jと異なるピンは青枠で囲んであります。

graf_20170912_04

TCM 410Jに関する情報の入手先

 送受信モジュールTCM 410Jのデータシート、ユーザーマニュアルやファームウェアソースコード等は、以下より入手が可能です。また、送信モジュールSTM 400Jに関しても同様にこちらから情報と資料が提供されています。

 ⇛EnOcean製品特設サイト:TCM 410J

キーポイント:

・TCM-410Jは、ゲートウェイに最適化された無線送受信モジュール。

・ファームウェアの変更により、リピータなど双方向通信汎用送受信モジュールとしても利用可能。

・技適認証を取得済み(技適番号206-000372)。

・常時、受信動作をするため連続的に電力を供給可能な電源を使用。