IoT技術情報サイト

Bluetooth®

Bluetooth® v4のハードウェア

実際のLSIとモジュール

今回は、実際にBluetooth® low energyを搭載した機器を設計する際に利用可能なハードウェアを紹介します。データシート、設計マニュアルなど、詳細情報へのリンクを貼ってありますので、ご利用ください。

Bluetooth low energy LSI

ラピスセミコンダクタのBluetooth LSIは、Bluetooth specification version 4をサポートしたRFとBaseband、汎用プロセッサを搭載し、Bluetooth low energy(マスタ、スレーブ)に準拠しています。低消費電力が特長で、ボタン電池駆動でも数年間の動作寿命を実現することが可能です。

Bluetooth通信に必要なハードウェアとファームウェアを標準でLSIに内蔵しており、デバイス特有のプロファイルソフトウェアと組み合わせることにより、簡単にBluetooth low energy無線通信を実装できます。

機種名 対応規格 使用周波数帯 電源電圧(V) 変調方式 暗号機能 制御I/F
ML7105-002 Bluetooth®Core Spec v4.0
(Single mode)
2.4GHz
ISM band
1.6~3.6 GFSK AES128 (BACI *1) SPI
(HCI *2) UART
ML7125-001 Bluetooth®Core Spec v4.1
(Single mode)
2.4GHz
ISM band
1.6~3.6 GFSK AES128 (BACI *1) SPI
(HCI *2) UART
ML7125-002 Bluetooth®Core Spec v4.1
(Single mode)
2.4GHz
ISM band
1.6~3.6 GFSK AES128 UART

Bluetooth low energy モジュール

Bluetooth low energyモジュールMK71251-0xは、LSIのML7125-00xをベースに、EEPROM、システムクロック用の水晶発振子、そしてパターンアンテナを内蔵したモジュールです。

LSI単体に比べて、アンテナ設計やマッチング回路、水晶発振子など調整が不要、そのうえ各種認証済みで、すぐに電波を飛ばして評価や開発を始めることができます。これが、モジュールの大きなメリットです。

機種名 対応規格 搭載LSI 電源電圧 (V) ホストCPU I/F 外形寸法 (mm)

MK71050-03

特設サイト

Bluetooth®Core Spec v4.0
(Single mode)
ML7105C-001 1.6~3.6 (BACI *1) SPI
(HCI *2) UART
Bluetooth low energyモジュール

MK71251-01

特設サイト

Bluetooth® Core Spec v4.1
(Single mode)
ML7125-001 2.0~3.6 (BACI *1) SPI
(HCI *2) UART
Bluetooth low energyモジュール

MK71251-02

特設サイト

Bluetooth® Core Spec v4.1
(Single mode)
ML7125-002 2.0~3.6 UART Bluetooth low energyモジュール

MK71251-02A

特設サイト

Bluetooth® Core Spec v4.1
(Single mode)
ML7125-002 2.0~3.6 UART Bluetooth low energyモジュール

MK71251-02B

特設サイト

Bluetooth® Core Spec v4.1
(Single mode)
ML7125-002 2.0~3.6 UART Bluetooth low energyモジュール

スマートフォン用アプリケーションツール

スマートフォン用のアプリがあるので、あわせて紹介します。

●Bluetoothコントロール用スマホアプリ「BLE Tool」
BLE Toolは、簡単な操作でBluetoothデバイスと通信確認ができるアプリです。サポートしているBLEプロファイルおよびサービスは、HRP(心拍計)、HTP(体温計)、BLP(血圧計)、GLP(血糖値計)の他、BAS(バッテリ)、DIS(デバイス情報)です。Google PlayApp Storeからダウンロードできます。

●Bluetoothコントロール用スマホアプリ「Beacon Tool」
Beacon Toolは、iBeaconフォーマットでビーコンパケットを送信するアプリケーションです。プロファイルはBAS、独自サービス(Beacon Configuration、OAU)が搭載されています。こちらも同様に、Google PlayApp Storeからダウンロードできます。

キーポイント:

・実際にどのようなLSIやモジュールがあるか知っておく。


Bluetooth low energyの基礎