電源設計の技術情報サイト

技術資料ダウンロード

イベント

ロームブースへご来場のかたに特典をプレゼント致します。

PRODUCTS PICKUP

世界最小の最小オン時間を達成
48Vバッテリから直接3.3Vに降圧可能

48Vシステムのハイブリッド車では、3V~5VのECU用電源の3.3Vや5Vを48Vバッテリから直接降圧する要求が高まっています。しかしながら、既存のほとんどのDC/DCコンバータICは、スイッチングの最小オン時間の制限により、48Vから3.3Vという高い降圧比の降圧に対応することができません。

ロームが開発した「BD51180TL」は、20nsという業界最小の最小オン時間を実現した降圧DC/DCコンバータICで、65Vの高耐圧MOSFETも内蔵しています。これにより、2MHzのスイッチング周波数においても、48Vから3.3Vへの降圧が可能になり、48Vハイブリットシステムでの降圧電源設計をシンプルにし、小型化にも貢献することができます。もちろん、AEC-Q100にも対応しています。

製品紹介


担当者の一押しポイント

降圧比が高い降圧変換が必要な時に、DC/DCコンバータICの最小オン時間のスペックを見て、1ステップでの変換をあきらめ、48Vから12V、そして12Vから3.3Vのような2ステップの回路にせざる得なかったと思います。

さらに、車載機器ではラジオとの干渉を避けるため、1.84MHz以上のスイッチング周波数が要件となると、48Vから3.3Vへ直接降圧するのは無理だと考えたことがなかったでしょうか?

「BD51180TL」は、ローム独自の制御技術により20nsの最小オン時間を実現したばかりではなく、電流モードでの制御が可能です。是非ともブースでの展示とエンジニアによるプレゼンを見ていただいて、高降圧比降圧の限界の認識を新たにしてください。

EVENT INFORMATION

会期 2016年4月20日(水)~22日(金)
開場時間 10:00~17:00
会場 幕張メッセ/国際展示場5ホール ブースNo.5A-301
公式サイト https://www.jma.or.jp/tf/ja/index.html
主催 一般社団法人日本能率協会
ロームブースNo.5A-301

TECHNO FRONTIER 開場MAP

毎日4講演開催 ミニセミナー&エンジニアプレゼンのご案内