電源設計の技術情報サイト

技術資料ダウンロード

DC/DC

スイッチングレギュレータの特性と評価方法

スイッチングレギュレータの特性と評価方法の概要

ここでは、「スイッチングレギュレータの特性と評価方法」というテーマで、スイッチング方式のDC/DCコンバータの設計の最適化に必要な特性の理解と評価方法について説明していきます。

スイッチングレギュレータ用のICを使って、回路基板にスイッチングレギュレータを含めるオンボード化は、特に珍しいことではなくなりました。しかしながら、スイッチングレギュレータは、高速でスイッチ動作をするアナログ帰還回路であることから、動作や特性の最適化を行うためには押さえるべきポイントがあります。これらを理解することで、スイッチングレギュレータの設計はさらに身近になるはずです。

本稿では、スイッチングレギュレータの基本を復習し、スイッチングレギュレータ用ICのデータシートを読み解くことで理解を深め、設計したスイッチングレギュレータを評価するまでを説明していきます。

説明が前後の項と続いている場合があります。参考までに全体の構成を示しますので、関連する項は合わせて読んでみてください。


スイッチングレギュレータの特性と評価方法