電源設計の技術情報サイト

技術資料ダウンロード

AC/DC

まとめ

まとめ

本稿では、AC/DC変換の基礎として、下記の項目について説明をしてきました。

AC_fig_40

基礎として理解していただきたいポイント以下の通りです。

・AC/DC変換には、トランス方式とスイッチング方式がある。
・AC/DC変換では、ACを整流/平滑によってDCに変換する。
・トランス方式では、平滑化されたDCをそのまま使うこともできるが、精度と安定化が必要ならDC/DC変換により所望のDC電圧に変換する。
・スイッチング方式では、おおよそACのピーク電圧値のDCを扱うので、高耐圧の部品が必要。
・スイッチング方式の整流/平滑後のDCへの変換は、入力が高電圧であること除いては通常のスイッチングDC/DC変換と同じである。
・AC/DC変換回路の設計においては、トランス設計がともなう。
・オンボード設計では、AC/DC電源用ICを使用するメリットが多々ある。
・高電圧を扱うので、保護や安全対策を確実に行う必要がある。

実際の設計においては、AC/DC変換用の電源ICをどう選択して、どう使っていくかということが、基本的なアプローチになるかと思います。設計のスタートラインとしては、DC/DC変換と違う部分をしっかり押さえることが大事です。


AC/DC変換の基礎