ローム ミュージック ファンデーションは、
音楽を通じて豊かな文化を作ることを目指しています。

HOME活動紹介ローム ミュージック フレンズの活躍

ローム ミュージック フレンズの活躍

1991年の設立以来、ローム ミュージック ファンデーションはこれからの音楽界を担う若い音楽家たちの夢をサポートしています。支援してきた多くの奨学生の方々が、「ローム ミュージック フレンズ」として、共に多くの方々に音楽を届ける仲間となり国内外で活躍しています。

荒 絵理子 (Ms.Eriko Ara)

オーボエ/oboe  (奨学金受給年度 2013)

プロフィール及び近況

第73回日本音楽コンクールで第1位(審査員満場一致)、併せて岩谷(聴衆)賞、E.ナカミチ賞を受賞。 N響アカデミー生を経て、2009年4月より東京交響楽団首席奏者を務める。 小澤征爾音楽塾オペラプロジェクト、水戸室内管弦楽団、サイトウキネンフェスティバルなどに参加。 これまでに、似鳥健彦、和久井仁、小林裕、広田智之、宮本文昭の各氏に師事。 国立音楽大学、東京音楽大学非常勤講師。 2009年度出光音楽賞受賞。 2013年度ロームミュージックファンデーション奨学生として1年間ドイツに留学。 2016年2月テレビ朝日系「報道ステーション」で生演奏。 2018年4月荒絵理子OBOE SOLO「こうもり変装曲」をCDリリース。

これまでの奨学生のご紹介

1991年の設立から現在まで支援してきた奨学生のプロフィールや奨学生当時の思い出など