ローム ミュージック ファンデーションは、
音楽を通じて豊かな文化を作ることを目指しています。

HOME活動紹介ローム ミュージック フレンズの活躍

ローム ミュージック フレンズの活躍

1991年の設立以来、ローム ミュージック ファンデーションはこれからの音楽界を担う若い音楽家たちの夢をサポートしています。支援してきた多くの奨学生の方々が、「ローム ミュージック フレンズ」として、共に多くの方々に音楽を届ける仲間となり国内外で活躍しています。

本多 啓佑 (Mr.Keisuke Honda)

オーボエ/oboe  (奨学金受給年度 2011,2012,)

プロフィール及び近況

福島県出身。東京藝術大学附属高校、東京藝術大学音楽学部卒業。同大学院修士課程修了。2010年にハンブルク音楽演劇大学大学院に留学、在独中にはロームミュージックファンデーション、ドイツ・ベーレンベルク銀行財団の奨学金を得る。第79、82回日本音楽コンクールオーボエ部門にて第2、3位入賞。また、木管五重奏団アンサンブル・ミクストで出場した第7回大阪国際室内楽コンクール管楽部門にて第3位。これまでに「ミクスト・ノート」(2016年)、「ファンタジー」(2019年)の2枚のCDをリリースした他NHK-FMリサイタル・ノヴァ等に出演。 現在東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団首席オーボエ奏者、アンサンブル・ミクストのメンバーの他、洗足学園音楽大学非常勤講師を務める。

奨学金給付期間中の思い出

私はハンブルク音楽演劇大学でオーボエを学びました。ハンブルクには素晴らしいオーケストラが毎日のように演奏会をしているので、日本ではなかなか聴く事ができない芸術家の音楽に触れることができました。

これまでの奨学生のご紹介

1991年の設立から現在まで支援してきた奨学生のプロフィールや奨学生当時の思い出など