ローム ミュージック ファンデーションは、
音楽を通じて豊かな文化を作ることを目指しています。

HOME活動紹介ローム ミュージック フレンズの活躍

ローム ミュージック フレンズの活躍

1991年の設立以来、ローム ミュージック ファンデーションはこれからの音楽界を担う若い音楽家たちの夢をサポートしています。支援してきた多くの奨学生の方々が、「ローム ミュージック フレンズ」として、共に多くの方々に音楽を届ける仲間となり国内外で活躍しています。

藤村 踊子 (Ms.Yoko Fuzimura)

ファゴット/bassoon  (奨学金受給年度 2010,2011,)

プロフィール及び近況

321

フランス国立リヨン高等音楽院を優秀な成績で卒業。在学中は選抜生徒による現代音楽のプロジェクト、Opus XXI に参加、ストラスブールのフェスティバルで演奏する。現在はザルツブルク・モーツァルテウム大学大学院にてマルコ・ポスティンゲル氏のクラスに在学中。-2008年、リヨン国立歌劇場オーケストラの大野和士氏指揮による日本ツアー参加。その他、主にフランスで各種オーケストラプロジェクトやユースオーケストラ、エクスアンプロヴァンスでのフェスティバルなどに参加。-2008年 ロッシーニ ファゴットコンクール三位(一位なし、Pesaro, Italy)、 2010年 横浜国際音楽コンクール 管楽器部門一位。

奨学金給付期間中の思い出

リヨン国立高等音楽院にて、レベルの高い学生たちと室内楽やオーケストラ、現代音楽などの経験を積み、お互い高め合うことができたのは、かけがえのない経験となった。学外でもオーケストラに参加させていただいたり、一流のコンサートを聴いたり、著名な音楽家たちと知り合えたこと、すべての経験が私を成長させてくれた。

これまでの奨学生のご紹介

1991年の設立から現在まで支援してきた奨学生のプロフィールや奨学生当時の思い出など