ローム ミュージック ファンデーションは、
音楽を通じて豊かな文化を作ることを目指しています。

HOME活動紹介ローム ミュージック フレンズの活躍

ローム ミュージック フレンズの活躍

1991年の設立以来、ローム ミュージック ファンデーションはこれからの音楽界を担う若い音楽家たちの夢をサポートしています。支援してきた多くの奨学生の方々が、「ローム ミュージック フレンズ」として、共に多くの方々に音楽を届ける仲間となり国内外で活躍しています。

中川 恵美里 (Ms. Emily Nakagawa)

声楽/voice(ソプラノ)  (奨学金受給年度 2012,)

プロフィール及び近況

363

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。声楽を佐久間伸一、河野克典、マルチェッラ・レアーレの各氏に師事。 これまでに九州交響楽団、東京交響楽団、ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉、山形交響楽団と共演し、ソリストを務める。 2013年、熊本県新人演奏会出演。熊日学生音楽コンクール最優秀並びに熊日大賞、全日本高等学校声楽コンクール第1位、全日本学生音楽コンクール第2位、第45回イタリア声楽コンコルソ・ミラノ部門にてイタリア大使杯、他多数受賞。 2015年10月、ドイツ・ベルテスマン財団主催『世界オペラ歌唱コンクール・新しい声2015』ドイツ世界本選へ、日本代表として招聘される。 震災後、東日本大震災の被災地で、ボランティアコンサートや追悼記念コンサートに定期的に参加する他、小中学校でのスクールコンサートなど、熊本県内外で精力的に演奏活動を行っている。 2016年4月、熊本県立劇場にて、熊本シティ・オペラ協会主催オペラ『椿姫』主役・ヴィオレッタ役で出演予定。

奨学金給付期間中の思い出

片親である母親が病気であるにもかかわらず、仕送りの無い中、東京芸術大学に通うことが出来、3月には無事卒業できる見込みです。経済的理由で今まで諦めていた語学学校に通ったり、海外の著名な演奏家のコンサートに何度も足を運ぶことが出来、教材等も購入し、お陰様で有意義な学生生活を送ることが出来ました。

これまでの奨学生のご紹介

1991年の設立から現在まで支援してきた奨学生のプロフィールや奨学生当時の思い出など