ローム ミュージック ファンデーションは、
音楽を通じて豊かな文化を作ることを目指しています。

HOME活動紹介ローム ミュージック フレンズの活躍

ローム ミュージック フレンズの活躍

1991年の設立以来、ローム ミュージック ファンデーションはこれからの音楽界を担う若い音楽家たちの夢をサポートしています。支援してきた多くの奨学生の方々が、「ローム ミュージック フレンズ」として、共に多くの方々に音楽を届ける仲間となり国内外で活躍しています。

志摩 大喜 (Mr.Taiki Shima)

声楽/voice(テノール)  (奨学金受給年度 2005,2006,2007,2008,)

プロフィール及び近況

193

都立日比谷高等学校卒業。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。二期会オペラ研修所マスタークラスおよびプロフェッショナルコース修了。 国際ロータリー財団及びロームミュージックファンデーション奨学生としてイタリア、ミラノおよびピアチェンツァに留学しG.ニコリーニ国立音楽院にてディプロマを取得し卒業。08年よりテノールリサイタルを毎年5月に開催している。11年11月文化庁人材育成オペラ公演「魔笛」にタミーノ役で出演し好評を得る。バロックオペラからモーツァルト、ロッシーニ諸作品、イタリア歌曲まで聴き手の心の琴線に触れるような音楽を目指して幅広く活動している。高丈二、V.テラノーヴァ、M.グリエルミの各氏に師事。現在ウィスタリア・ミュージック・アカデミー講師(声楽・合唱)。国際ロータリー財団学友会会員。日本ロッシーニ協会会員。二期会会員。

奨学金給付期間中の思い出

イタリアG.ニコリーニ国立音楽院へ留学し、素晴らしい先生方との出会い、そして充実したレッスン生活を送ることができました。イタリアでの留学生活を通じ、ヨーロッパの生の文化、芸術に触れることで、音楽作品への理解、解釈も深まりました。

これまでの奨学生のご紹介

1991年の設立から現在まで支援してきた奨学生のプロフィールや奨学生当時の思い出など