ローム ミュージック ファンデーションは、
音楽を通じて豊かな文化を作ることを目指しています。

HOME活動紹介ローム ミュージック フレンズの活躍

ローム ミュージック フレンズの活躍

1991年の設立以来、ローム ミュージック ファンデーションはこれからの音楽界を担う若い音楽家たちの夢をサポートしています。支援してきた多くの奨学生の方々が、「ローム ミュージック フレンズ」として、共に多くの方々に音楽を届ける仲間となり国内外で活躍しています。

有冨 萌々子 (Aritomi Momoko)

ヴィオラ/viola  (奨学金受給年度 2019)

プロフィール及び近況

  2015年東京藝術大学音楽学部器楽科ヴィオラ専攻を経て、現在ウィーン国立大学ソロ・ヴィオラ専攻在学中。2018年アルトン・ルービンシュタイン国際コンクールヴィオラ部門第2位(1位なし)。第16回東京音楽コンクール第3位。2019年8月ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のサマーアカデミー生に選抜され、ザルツブルク音楽祭に出演予定。

2019年度給付期間中の在籍学校

ウィーン国立音楽大学

奨学生としての今後の抱負

  音楽のもつ無限の可能性や新しい魅力を引き出す努力を常にしつつ、ヴィオラの最大の魅力である中低音の深くてまろやかな響きと私にしかないオリジナリティーを存分に発揮しみなさまに届けられるような演奏家をめざします。

2019年度奨学生のご紹介

2019年度奨学生のプロフィールや奨学生としての抱負コメントなど