ローム ミュージック ファンデーションは、
音楽を通じて豊かな文化を作ることを目指しています。

HOME活動紹介ローム ミュージック フレンズの活躍

ローム ミュージック フレンズの活躍

1991年の設立以来、ローム ミュージック ファンデーションはこれからの音楽界を担う若い音楽家たちの夢をサポートしています。支援してきた多くの奨学生の方々が、「ローム ミュージック フレンズ」として、共に多くの方々に音楽を届ける仲間となり国内外で活躍しています。

岡本 誠司 (Mr.Seiji Okamoto)

ヴァイオリン/violin  (奨学金受給年度 2015,2016)

プロフィール及び近況

1994年生まれ。東京藝術大学、ベルリン・ハンス・アイスラー音楽大学を経て、現在はクロンベルク・アカデミーに在籍している。第19回J.S.バッハ国際コンクールのヴァイオリン部門にてアジア人で初めて優勝。2016年のヴィエニャフスキ国際コンクール第2位、2019年のエリザベート王妃国際コンクールでのファイナリスト入賞など入賞歴多数。ドイツを拠点に、日本およびヨーロッパでソロや室内楽など精力的な演奏活動を行っている。これまでに読売日本交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、ベルギー国立管弦楽団、サンクトペテルブルク交響楽団、MDRライプツィヒ放送交響楽団など、国内外のオーケストラとの共演を重ねている。NPO法人イエロー・エンジェルよりヴァイオリンの貸与を受け、㈱日本ヴァイオリンより名器貸与特別助成を受けている。

インフォメーション

  岡本誠司オフィシャル・ページ https://seijiokamoto.net/

これまでの奨学生のご紹介

1991年の設立から現在まで支援してきた奨学生のプロフィールや奨学生当時の思い出など