ローム ミュージック ファンデーションは、
音楽を通じて豊かな文化を作ることを目指しています。

HOME活動紹介ローム ミュージック フレンズの活躍

ローム ミュージック フレンズの活躍

1991年の設立以来、ローム ミュージック ファンデーションはこれからの音楽界を担う若い音楽家たちの夢をサポートしています。支援してきた多くの奨学生の方々が、「ローム ミュージック フレンズ」として、共に多くの方々に音楽を届ける仲間となり国内外で活躍しています。

周防 亮介 (Mr.Ryosuke Suho)

ヴァイオリン/violin  (奨学金受給年度 2014,2015)

プロフィール及び近況

1995年京都に生まれ7歳よりヴァイオリンを始める。 第15回ヘンリク・ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリンコンクール入賞及び審査員特別賞受賞。その他にも日本音楽コンクールやダヴィッド・オイストラフ国際コンクールなど多数入賞。第25回出光音楽賞受賞。 日本のみならずパリ管弦楽団、フランス国立管弦楽団、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団、ポズナンフィルハーモニック管弦楽団、シュトゥットガルト室内管弦楽団、プラハ室内管弦楽団、サンクトペテルブルクアカデミー管弦楽団などと共演し海外でも活動を広めている。 これまでに小栗まち絵、原田幸一郎、大谷康子、神尾真由子、マキシム・ヴェンゲーロフの各氏に師事。 使用楽器はイエローエンジェルより貸与されている1678年製ニコロ・アマティ。

これまでの奨学生のご紹介

1991年の設立から現在まで支援してきた奨学生のプロフィールや奨学生当時の思い出など