ローム ミュージック ファンデーションは、
音楽を通じて豊かな文化を作ることを目指しています。

HOME活動紹介ローム ミュージック フレンズの活躍

ローム ミュージック フレンズの活躍

1991年の設立以来、ローム ミュージック ファンデーションはこれからの音楽界を担う若い音楽家たちの夢をサポートしています。支援してきた多くの奨学生の方々が、「ローム ミュージック フレンズ」として、共に多くの方々に音楽を届ける仲間となり国内外で活躍しています。

毛利 文香 (Ms.Fumika Mori)

ヴァイオリン/violin  (奨学金受給年度 2011,2014)

プロフィール及び近況

2012年、第8回ソウル国際音楽コンクール第1位(最年少・日本人初)。2015年、第54回パガニーニ国際ヴァイオリンコンクール第2位、エリザベート王妃国際音楽コンクール第6位。2019年、モントリオール国際音楽コンクール第3位。これまでに、川崎市アゼリア輝賞、横浜文化賞文化・芸術奨励賞、京都・青山音楽賞新人賞、ホテルオークラ音楽賞受賞。 ヴァイオリンを田尻かをり、水野佐知香、原田幸一郎の各氏に師事。桐朋学園大学音楽学部ソリストディプロマコース、及び洗足学園音楽大学アンサンブルアカデミー修了。慶應義塾大学文学部卒業。2015年秋より、ドイツ・クロンベルクアカデミーにて、ミハエラ・マーティン氏のもとさらなる研鑽を積む。

奨学金給付期間中の思い出

(2011年度奨学生時)初めて国際コンクールに挑戦し、演奏面から生活面までとても勉強になり、良い結果を残すことができた。室内楽の勉強にも励み、プロジェクトQやJTのアンサンブルシリーズに出演させていただいた。

これまでの奨学生のご紹介

1991年の設立から現在まで支援してきた奨学生のプロフィールや奨学生当時の思い出など