ローム ミュージック ファンデーションは、
音楽を通じて豊かな文化を作ることを目指しています。

HOME活動紹介ローム ミュージック フレンズの活躍

ローム ミュージック フレンズの活躍

1991年の設立以来、ローム ミュージック ファンデーションはこれからの音楽界を担う若い音楽家たちの夢をサポートしています。支援してきた多くの奨学生の方々が、「ローム ミュージック フレンズ」として、共に多くの方々に音楽を届ける仲間となり国内外で活躍しています。

加藤 文枝 (Ms.Fumie Kato)

チェロ/cello  (奨学金受給年度 2011,2012,)

プロフィール及び近況

333

第8回ビバホールチェロコンクール第1位。第13回松方ホール音楽賞、併せて特賞受賞。第8回東京音楽コンクール弦楽部門第2位。これまでに京都市交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団などのオーケストラと共演。

奨学金給付期間中の思い出

パリ市立音楽院で勉強しています。日本とは全く異なる気質の国での生活は、とても刺激的で、毎日が驚きの連続です。また、コンサートにて、日本ではあまり演奏される機会のない曲が聴けたり、憧れていた演奏家の入魂の演奏を目の当たりにすると、自分自身の視野が留学前よりも広がっているように感じます。

これまでの奨学生のご紹介

1991年の設立から現在まで支援してきた奨学生のプロフィールや奨学生当時の思い出など