ローム ミュージック ファンデーションは、
音楽を通じて豊かな文化を作ることを目指しています。

HOME活動紹介ローム ミュージック フレンズの活躍

ローム ミュージック フレンズの活躍

1991年の設立以来、ローム ミュージック ファンデーションはこれからの音楽界を担う若い音楽家たちの夢をサポートしています。支援してきた多くの奨学生の方々が、「ローム ミュージック フレンズ」として、共に多くの方々に音楽を届ける仲間となり国内外で活躍しています。

成田 達輝 (Mr.Tatsuki Tarita)

ヴァイオリン/violin  (奨学金受給年度 2010,2011,2012,)

プロフィール及び近況

15歳のときに全日本学生音楽コンクールと東京音楽コンクールに優勝。2010年ロームミュージックファンデーション奨学生に選ばれる。これまでに、日本の全てのプロオーケストラにソリストとして客演し、小林研一郎、山田和樹など著名指揮者らと共演。現代の作曲家とのコラボレーションは常に彼の活動の中心に据えられており、21年3月の神奈川県立音楽堂主催「Toshi伝説」では作曲家の一柳慧とデュオで演奏し、2002年生の作曲家の梅本佑利とパーソナリティを務めるYouTubeラヂオ「脱線.電波」では、これまでにゲストに世界的音響設計家の豊田泰久、ヴァイオリニストの葉加瀬太郎やプロ棋士の橋本崇載氏らを招いた。魚座。

奨学金給付期間中の思い出

パリ国立高等音楽院へ留学し、学校の休みを利用して、日本でリサイタルや個人レッスンを重ね、昨年エリザベート王妃国際音楽コンクールに入賞できた。また、多くのヨーロッパの国々の音楽家の演奏会にも足を運ぶことができたり、有意義な学生生活を送ることができている。

インフォメーション

第5回仙台国際コンクール(2013年6月)第2位

これまでの奨学生のご紹介

1991年の設立から現在まで支援してきた奨学生のプロフィールや奨学生当時の思い出など