ローム ミュージック ファンデーションは、
音楽を通じて豊かな文化を作ることを目指しています。

HOME活動紹介ローム ミュージック フレンズの活躍

ローム ミュージック フレンズの活躍

1991年の設立以来、ローム ミュージック ファンデーションはこれからの音楽界を担う若い音楽家たちの夢をサポートしています。支援してきた多くの奨学生の方々が、「ローム ミュージック フレンズ」として、共に多くの方々に音楽を届ける仲間となり国内外で活躍しています。

大岡 仁 (Mr.Hitoshi Ooka)

ヴァイオリン/violin  (奨学金受給年度 2010,2011,2012,)

プロフィール及び近況

305

全日本学生音楽コンクール中学校の部全国大会第1位。日本音楽コンクール第2位、聴衆賞。タデウシュ・ヴロンスキ国際無伴奏ヴァイオリンコンクール第1位。大阪市咲くやこの花賞などを受賞。2012年9月、青山音楽記念館でリサイタル開催。相愛大学卒業。ニュルンベルク音楽大学大学院に在学中

奨学金給付期間中の思い出

まずヨーロッパに来て最初に驚いたことは、聴衆の反応がとても表情豊かだということです。目を閉じて祈るように音楽に耳を傾けている人、リズムに合わせて体を揺らしながら聞いている人、本当に様々で、音楽を心から楽しみたいという思いが伝わってきます。また会話の弾む休憩時間のくつろいだ雰囲気も、私にとってとても新鮮でした。クラシック音楽がヨーロッパの人たちにとってどれだけ身近で大切な存在か直に感じ、それに日本人である私が携わることの意味を改めて考えた気がします。 イタリアでは、指揮者無しで演奏するオーケストラ「Spira mirabilis」に参加しました。プレイヤーの一人一人が意見を出し合いながらリハーサルを進めていくのですが、その中で皆の呼吸が一つになっていく感覚はとても印象深いものでした。

これまでの奨学生のご紹介

1991年の設立から現在まで支援してきた奨学生のプロフィールや奨学生当時の思い出など