ローム ミュージック ファンデーションは、
音楽を通じて豊かな文化を作ることを目指しています。

HOME活動紹介ローム ミュージック フレンズの活躍

ローム ミュージック フレンズの活躍

1991年の設立以来、ローム ミュージック ファンデーションはこれからの音楽界を担う若い音楽家たちの夢をサポートしています。支援してきた多くの奨学生の方々が、「ローム ミュージック フレンズ」として、共に多くの方々に音楽を届ける仲間となり国内外で活躍しています。

東 珠子 (Ms.Tamako Azuma)

ヴァイオリン/violin  (奨学金受給年度 2010,2011,)

プロフィール及び近況

301

2004年全日本学生音楽コンクール大阪大会高校の部第1位。2007年第1回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール入賞。ザグレブ・フィル(クロアチア)、セントラル愛知響、京都ジュニアオーケストラ(指揮/広上淳一)、京都市立芸術大学オーケストラ、長岡京室内アンサンブル等と共演。京都市立芸術大学を経て、現在パリ国立地方音楽院、パリ・スコラカントルム音楽院にてジャン=ピエール・ヴァレーズ、アキ・ソリエール、フレデリック・ラロックの各氏に師事。2010年より長岡京室内アンサンブルメンバー。

奨学金給付期間中の思い出

1年目はウィーン国立音楽大学へ交換留学生として、2年目はパリ地方音楽院、パリ・スコラカント音楽院に留学。言葉も音楽スタイルも全く異なる2つの国で、音楽、文化、自分自身を様々な角度から見つめ直し、それぞれの良い所を取り入れ視野を広げながらも深く勉強することができた。音楽の都ウィーン、芸術の都パリで開かれる一流の演奏家のコンサートをいつも聴けたことも贅沢であった。

これまでの奨学生のご紹介

1991年の設立から現在まで支援してきた奨学生のプロフィールや奨学生当時の思い出など