ローム ミュージック ファンデーションは、
音楽を通じて豊かな文化を作ることを目指しています。

HOME活動紹介ローム ミュージック フレンズの活躍

ローム ミュージック フレンズの活躍

1991年の設立以来、ローム ミュージック ファンデーションはこれからの音楽界を担う若い音楽家たちの夢をサポートしています。支援してきた多くの奨学生の方々が、「ローム ミュージック フレンズ」として、共に多くの方々に音楽を届ける仲間となり国内外で活躍しています。

林 悠介 (Mr.Yusuke Hayashi)

ヴァイオリン/violin  (奨学金受給年度 2007,2008,2009,2010,)

プロフィール及び近況

242

ブレシア国際コンクール第1位、ニールセン国際コンクール第2位、ルイス・シガーユ国際コンクール第1位、メニューイン国際コンクール第4位、ハノーファー国際コンクールにて受賞。 ヨーロッパ各地でリサイタルを行う。また、パドヴァ・ヴェネト管弦楽団、チリ交響楽団などのオーケストラと共演。 リプキン・カルテット(弦楽四重奏団)のメンバーとして、ヨーロッパ各地とアメリカで数多くのコンサートに出演。またラジオでのライブ録音、CD録音も行う。 2012年、ドイツ・ノルトライン・ヴェストファーレン州NW州立オーケストラであるNeue Philharmonie Westfalen (ノイエ・フィルハーモニー・ヴェストファーレン) にて、第1コンサートマスターに就任。

奨学金給付期間中の思い出

ウィーン国立音楽大学にてドーラ・シュバルツベルク氏に師事、修士課程を修了する。また、アナ・チュマチェンコ、ザハール・ブロン、ボリス・ベルキン各氏を始めとする、著名な音楽家にも指導を受ける。積極的に国際コンクールに参加し、数多くの賞を受賞。また、恵まれた環境で、多くの素晴らしいコンサートを聴き、美術館などを訪れることができて、幅広い経験や刺激を受ける事ができた。

これまでの奨学生のご紹介

1991年の設立から現在まで支援してきた奨学生のプロフィールや奨学生当時の思い出など