ローム ミュージック ファンデーションは、
音楽を通じて豊かな文化を作ることを目指しています。

HOME活動紹介ローム ミュージック フレンズの活躍

ローム ミュージック フレンズの活躍

1991年の設立以来、ローム ミュージック ファンデーションはこれからの音楽界を担う若い音楽家たちの夢をサポートしています。支援してきた多くの奨学生の方々が、「ローム ミュージック フレンズ」として、共に多くの方々に音楽を届ける仲間となり国内外で活躍しています。

泉原 隆志 (Mr.Takashi Izuhara)

ヴァイオリン/violin  (奨学金受給年度 2003,)

プロフィール及び近況

IMG_1277

ニューヨークにてダヴィッド・オイストラフの愛弟子アンナ・ペレック氏に師事。1997年桐朋女子高等学校音楽科(共学)ヴァイオリン科首席で卒業。同年桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースに進み修了。その後ブリュッセル王立音楽院入学、修士課程に進み2002年よりハンブルグ国立音楽大学に編入。ロームミュージックファンデーションに選ばれる。また2004年より2年間文化庁芸術家在外研修員に選ばれ更に同大学で研鑽。2006年最優秀の成績で卒業、ディプロム取得。 在学中より国内外でソロリサイタルやコンサートに出演、また室内楽奏者としても活躍。 これまでに原田幸一郎、イゴール・オイストラフ、ピョートル・モンテアヌの各氏に師事。東京交響楽団、読売日本交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、仙台フィルハーモニー交響楽団、大阪センチュリー交響楽団、広島交響楽団などの客演コンサートマスターを務める。室内楽セミナー「秋吉台の響き」の講師を務める。 2012年京都市芸術新人賞を受賞。 現在 京都市交響楽団のコンサートマスター。

これまでの奨学生のご紹介

1991年の設立から現在まで支援してきた奨学生のプロフィールや奨学生当時の思い出など