ローム ミュージック ファンデーションは、
音楽を通じて豊かな文化を作ることを目指しています。

HOME活動紹介ローム ミュージック フレンズの活躍

ローム ミュージック フレンズの活躍

1991年の設立以来、ローム ミュージック ファンデーションはこれからの音楽界を担う若い音楽家たちの夢をサポートしています。支援してきた多くの奨学生の方々が、「ローム ミュージック フレンズ」として、共に多くの方々に音楽を届ける仲間となり国内外で活躍しています。

石橋 幸子 (Ms.Yukiko Ishibashi)

ヴァイオリン/violin  (奨学金受給年度 2001,2002,)

プロフィール及び近況

img013

1993年桐朋女子高等学校音楽科を首席で卒業。桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコース終了。チューリッヒ音楽大学大学院卒業。 日本モーツァルト音楽コンクール第1位。ドットバイラー音楽コンクール第1位。 「青山音楽賞」受賞。スイスの名門「チュ-リッヒ・トーンハレ管弦楽団」に在籍し、弦楽三重奏「トリオ・オレアーデ」を結成。キバニス室内楽コンクール第1位。2012年ミュンヘン国際室内楽コンクール第1位。2014年バーゼル国際室内楽コンクール第1位。2015年にはデビューCDが発売され、その演奏と実績に高く評価を得る。

奨学金給付期間中の思い出

チューリッヒ音楽大学で学び、ジョージ・パーク先生からは厳しいながらも沢山の愛情と熱意のこもった指導を受け、音楽的なスタイルや音色の変化他、とても多くの事を学びました。 そして国際コンクールへの参加や、現在も所属している「チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団」の入団試験を受けたりと、毎日音楽に没頭する日々でした。

これまでの奨学生のご紹介

1991年の設立から現在まで支援してきた奨学生のプロフィールや奨学生当時の思い出など