ローム ミュージック ファンデーションは、
音楽を通じて豊かな文化を作ることを目指しています。

HOME活動紹介ローム ミュージック フレンズの活躍

ローム ミュージック フレンズの活躍

1991年の設立以来、ローム ミュージック ファンデーションはこれからの音楽界を担う若い音楽家たちの夢をサポートしています。支援してきた多くの奨学生の方々が、「ローム ミュージック フレンズ」として、共に多くの方々に音楽を届ける仲間となり国内外で活躍しています。

小野 明子 (Ms.Akiko Ono)

ヴァイオリン/violin  (奨学金受給年度 2001,2002,)

プロフィール及び近況

120

2000年メニューイン国際ヴァイオリンコンクールで優勝し、英国紙「ザ・タイムス」の一面トップを飾り一躍注目を集める。ビオッティ・バルセシア、フォーバルスカラシップ・ストディヴァリウス等のコンクールで優勝。エリザベート王妃、パガニーニ、シゲティ国際コンクール等に入賞。12歳でメニューイン音楽院に単身留学。ウィーン国立音楽大学卒業。1998年メニューイン指揮/エッセンフィルと共演しデビューを飾る。これまでワイマール響、ベルギー国立管、リール国立管、ロンドン室内合奏団、リトアニア室内合奏団、サンカルロ歌劇場管、NHK響、読売日響、東響、大阪フィルなどと共演。CD「ツィゴイネルワイゼン」「ROMANCE」「霧の中から~英国ヴァイオリン曲集」好評発売中。ソリスト、室内楽奏者、国内外のゲストコンサートマスターとして活躍する他、社会貢献事業、教育にも力を注ぐ。メニューイン音楽院、ギルドホール音楽院ヴァイオリン科教授。

これまでの奨学生のご紹介

1991年の設立から現在まで支援してきた奨学生のプロフィールや奨学生当時の思い出など