ローム ミュージック ファンデーションは、
音楽を通じて豊かな文化を作ることを目指しています。

HOME活動紹介ローム ミュージック フレンズの活躍

ローム ミュージック フレンズの活躍

1991年の設立以来、ローム ミュージック ファンデーションはこれからの音楽界を担う若い音楽家たちの夢をサポートしています。支援してきた多くの奨学生の方々が、「ローム ミュージック フレンズ」として、共に多くの方々に音楽を届ける仲間となり国内外で活躍しています。

加野 景子 (Ms.Eiko Tanaka)

ヴァイオリン/violin  (奨学金受給年度 1992,1993,)

プロフィール及び近況

21

日本学生音楽コンクール西日本1位。日本音楽コンクール第2位及び黒柳賞受賞。日本国際音楽コンクール第3位。フォーバルスカラシップ優勝。現在米国ニューヨーク市在住。2005年よりAlbany Symphony アシスタントコンサートマスター、Ken Cooper、Eugene Druckerなどとの共演による室内楽、および、2008年よりニューヨークフィルのレギュラーサブとしても活動している。

奨学金給付期間中の思い出

イギリスの当時はまだ本当にゆったりしたペースでの暮らしの中、じっくりとコンクールや演奏会の準備に没頭させて頂けた貴重な時間でした。

これまでの奨学生のご紹介

1991年の設立から現在まで支援してきた奨学生のプロフィールや奨学生当時の思い出など