ローム ミュージック ファンデーションは、
音楽を通じて豊かな文化を作ることを目指しています。

HOME活動紹介ローム ミュージック フレンズの活躍

ローム ミュージック フレンズの活躍

1991年の設立以来、ローム ミュージック ファンデーションはこれからの音楽界を担う若い音楽家たちの夢をサポートしています。支援してきた多くの奨学生の方々が、「ローム ミュージック フレンズ」として、共に多くの方々に音楽を届ける仲間となり国内外で活躍しています。

岩見 玲奈 (Ms.Reina Iwami)

マリンバ、打楽器/marimba,percussion  (奨学金受給年度 2010,2011,)

プロフィール及び近況

303

8歳よりマリンバを、16歳より打楽器を始める。東京音楽大学を卒業後、同大大学院を特別特待奨学生として修了。2010・2011年度(財)ロームミュージックファンデーション奨学生。2007年ベルギー国際コンクールのソロ部門第2位、2008年第25回日本管打楽器コンクール第1位、2009年ザルツブルク国際マリンバコンクール第1位。

奨学金給付期間中の思い出

大学院に通う2年間、奨学金をいただき大変助かりました。様々な演奏会にも進んで足を運ぶことができ、教材や楽器などもしっかりと揃えることができ、活動に役立てることができました。また練習に関しては打楽器でも音出し可能な素晴らしい環境の住宅に住むことができ、思う存分練習に集中することができました。CD制作では、素晴らしい演奏者の先輩方に助けていただき、また沢山の打楽器を使用しましたので、楽器借用代や運搬代、ホール代と沢山のかかる経費に役立てることができましたし、オーケストラの皆様にお手伝いいただいた2枚目のCD制作も、奨学金をいただいたおかげで、この企画が可能となりました。 生活費を稼ぐ為に他の仕事をし、活動に時間をかけられない…という環境とは、全く違い、社会に出る前の大学院の2年間、しっかりと勉強に時間を費やすことが出来た環境は、大変ありがたいものでした。そして、やはりそのおかげで、社会に出た今、少しずつ仕事が回るようになってきたのと同時に、沢山の音楽関係の繋がりもでき、これからも、日々精進を忘れず頑張って行きたいと思います。2年間、本当にありがとうございます。

これまでの奨学生のご紹介

1991年の設立から現在まで支援してきた奨学生のプロフィールや奨学生当時の思い出など