ローム ミュージック ファンデーションは、
音楽を通じて豊かな文化を作ることを目指しています。

HOME活動紹介ローム ミュージック フレンズの活躍

ローム ミュージック フレンズの活躍

1991年の設立以来、ローム ミュージック ファンデーションはこれからの音楽界を担う若い音楽家たちの夢をサポートしています。支援してきた多くの奨学生の方々が、「ローム ミュージック フレンズ」として、共に多くの方々に音楽を届ける仲間となり国内外で活躍しています。

山本 明尚 (Yamamoto Akihisa)

音楽学/musicology  (奨学金受給年度 2020)

プロフィール及び近況

音楽学者。専門は20世紀初頭のロシア芸術音楽。東京都生まれ。2015年、東京藝術大学音楽学部楽理科を卒業。在学中に安宅賞、卒業時にアカンサス音楽賞、同声会賞を受賞。2015年12月から翌年3月、モスクワ音楽院ロシア音楽史学科に留学。2017年、東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程を修了。同時に大学院アカンサス賞を受賞。同年、同大学院博士課程に進学。2019年より、ロシア国立芸術学研究所に留学中。2017年より、日本学術振興会特別研究員(DC1、研究課題「20世紀初頭ロシアの「革新的作曲家」の「革新性」再考:先行者の同定と影響の考察」)。日本音楽学会、日本ロシア文学会、ロシア・フォークロアの会各会員。

2020年度給付期間中の在籍学校

ロシア国立芸術学研究所

奨学生としての今後の抱負

ロシア国立芸術学研究所での学位取得を目標として研究を進めていきます。また、実践の現場を通じて日本におけるロシア音楽の礎となれるよう、言語や実践面での学習を続けてまいります。

2020年度奨学生のご紹介

2020年度奨学生のプロフィールや奨学生としての抱負コメントなど