ローム ミュージック ファンデーションは、
音楽を通じて豊かな文化を作ることを目指しています。

HOME活動紹介ローム ミュージック フレンズの活躍

ローム ミュージック フレンズの活躍

1991年の設立以来、ローム ミュージック ファンデーションはこれからの音楽界を担う若い音楽家たちの夢をサポートしています。支援してきた多くの奨学生の方々が、「ローム ミュージック フレンズ」として、共に多くの方々に音楽を届ける仲間となり国内外で活躍しています。

関本 菜穂子 (Ms.Nahoko Sekimoto)

音楽学/musicology  (奨学金受給年度 2008,2009,2010,2011,)

プロフィール及び近況

263

パリ・ソルボンヌ大学修士課程および東京芸術大学博士後期課程修了。博士(音楽学)。専門は17~18世紀フランスの音楽理論史。これまでにロームミュージックファンデーション、フランス政府給費、ロータリー財団の奨学金を受け、現在パリ・ソルボンヌ大学博士課程在学中。共訳書にダランベール著『ラモー氏の原理に基づく音楽理論と実践の基礎』(春秋社、2012年)がある。

奨学金給付期間中の思い出

パリ・ソルボンヌ大学博士課程に留学し、フランス国立図書館での資料収集のほか、フランス各地での研究会やセミナーに参加し研究発表を行うなど、充実した研究生活を送ることができました。

これまでの奨学生のご紹介

1991年の設立から現在まで支援してきた奨学生のプロフィールや奨学生当時の思い出など