ローム ミュージック ファンデーションは、
音楽を通じて豊かな文化を作ることを目指しています。

HOME活動紹介ローム ミュージック フレンズの活躍

ローム ミュージック フレンズの活躍

1991年の設立以来、ローム ミュージック ファンデーションはこれからの音楽界を担う若い音楽家たちの夢をサポートしています。支援してきた多くの奨学生の方々が、「ローム ミュージック フレンズ」として、共に多くの方々に音楽を届ける仲間となり国内外で活躍しています。

小野田 有紗 (Arisa Onoda)

ピアノ/piano  (奨学金受給年度 2018,2019)

プロフィール及び近況

ジュリウス・ザレブスキ国際音楽コンペティション日本人初の第1位。ニューヨーク国際アーティストコンクール第3位。ブゾーニ国際ピアノコンクールセミファイナリスト。 ポーランドシレジアフィルハーモニー管弦楽団、エミレーツ国際フィルハーモニー管弦楽団、パノハ弦楽四重奏団、読売日本交響楽団など数多くのオーケストラや室内楽団と共演。英国王立音楽院学士課程首席卒業後、現在同大学修士課程に在学中。

2019年度給付期間中の在籍学校

英国王立音楽院 大学院(入学予定)

奨学生としての今後の抱負

英国王立音楽院の恵まれた環境を生かして真摯に音楽と向き合い、様々な経験を積んで、世界に自分の音楽を届けられるような音楽家を目指していきたいと思います。

2019年度奨学生のご紹介

2019年度奨学生のプロフィールや奨学生としての抱負コメントなど