ローム ミュージック ファンデーションは、
音楽を通じて豊かな文化を作ることを目指しています。

HOME活動紹介ローム ミュージック フレンズの活躍

ローム ミュージック フレンズの活躍

1991年の設立以来、ローム ミュージック ファンデーションはこれからの音楽界を担う若い音楽家たちの夢をサポートしています。支援してきた多くの奨学生の方々が、「ローム ミュージック フレンズ」として、共に多くの方々に音楽を届ける仲間となり国内外で活躍しています。

福本 茉莉 (Ms.Mari Fukumoto)

オルガン/organ  (奨学金受給年度 2014,2015)

プロフィール及び近況

399福本

東京藝大、同大学院修了。 DAAD及び公益財団法人ロームミュージックファンデーションの支援を受けハンブルク音楽演劇大で学び、2016年にドイツ国家演奏家資格を3回の資格試験全て栄誉付き最高点にて取得。平成28年度文化庁新進芸術家海外研修員として同大学教会音楽科にも在籍し、2019年に教会音楽家資格A(プロテスタント)を取得。 武蔵野、ニュルンベルク(ドイツ)、ブリクセン(イタリア)、ピストイア(イタリア)などのオルガン・コンクールにて優勝。ソリストとして京響、東京シティ・フィル、ビドゴシュチ室内管、スロヴァキア放送響など協奏曲の演奏も多い。 2019年夏学期よりフランツ・リスト ヴァイマール音大常勤講師。

これまでの奨学生のご紹介

1991年の設立から現在まで支援してきた奨学生のプロフィールや奨学生当時の思い出など