ローム ミュージック ファンデーションは、
音楽を通じて豊かな文化を作ることを目指しています。

HOME活動紹介ローム ミュージック フレンズの活躍

ローム ミュージック フレンズの活躍

1991年の設立以来、ローム ミュージック ファンデーションはこれからの音楽界を担う若い音楽家たちの夢をサポートしています。支援してきた多くの奨学生の方々が、「ローム ミュージック フレンズ」として、共に多くの方々に音楽を届ける仲間となり国内外で活躍しています。

脇岡 洋平 (Mr.Yohei Wakioka)

ピアノ/piano  (奨学金受給年度 2007,2008,2009,2010,)

プロフィール及び近況

248

東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て東京藝術大学音楽学部を卒業。2010年ベルリン”ハンス・アイスラー”音楽大学大学院コンツェルトイグザーメ ン課程の卒業試験において最高点で卒業し、国家演奏家資格を取得。在学時よりかずさアカデミアピアノコンクール、日本音楽コンクール、ポルト国際ピアノコンクール、アルトゥール・シュナーベルピアノコンクール、フランツ・リスト賞国際ピアノコンクールなど入賞多数。これまでにニューフィルハーモニー千葉、東京シティフィルハーモニック交響楽団、ブランデンブルグ交響楽団、ポルト交響楽団、ベルリンコンツェルトハウスオーケストラ、新ベルリン交響楽団等と共演。室内楽では、鈴木良昭(クラリネット)、リンツ・ブルックナーハウスのアンナ・マリア・パーマー(ソプラノ)氏らと共演を重ねている。2012年秋に帰国し、今後の活躍が期待される。

奨学金給付期間中の思い出

最後の一年はそれまで学んだドイツのベルリン音大だけでなくハンガリーのリスト音楽院でも勉強することが出来、2国間のヨーロッパ内とは言ってもまた違う文 化に触れることができたのは大変面白く有意義な体験だった。また、演奏会に限らずコンクールや講習会という場でいろいろな国の音楽家、学生の個性豊かな演奏に出会う喜びもたくさん享受することができた。

これまでの奨学生のご紹介

1991年の設立から現在まで支援してきた奨学生のプロフィールや奨学生当時の思い出など