ローム ミュージック ファンデーションは、
音楽を通じて豊かな文化を作ることを目指しています。

HOME活動紹介ローム ミュージック フレンズの活躍

ローム ミュージック フレンズの活躍

1991年の設立以来、ローム ミュージック ファンデーションはこれからの音楽界を担う若い音楽家たちの夢をサポートしています。支援してきた多くの奨学生の方々が、「ローム ミュージック フレンズ」として、共に多くの方々に音楽を届ける仲間となり国内外で活躍しています。

河村 尚子 (Ms.Hisako Kawamura)

ピアノ/piano  (奨学金受給年度 2007,2008,)

プロフィール及び近況

231(c)Ariga Terasawa

これまでにM.バートル・シュライバー、ドイツ ハノーファー国立音楽大学にてV.クライネフ教授に師事。2006年、ミュンヘンコンクール第2位。2007年、クララ・ハスキル・コンクール優勝。ソロ・リサイタルや室内楽演奏をする傍ら、日本・欧州の数々のオーケストラと共演する。2015年より、エッセン・フォルクヴァング芸術大学にて教授を、東京音楽大学にて特任講師を努める。文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞、新日鉄音楽賞、出光音楽賞、日本ショパン協会賞、井植文化賞、ホテル・オークラ音楽賞を受賞。2020年には第32回ミュージック・ペンクラブ音楽賞独奏・独唱部門賞、第12回CDショップ大賞2020・クラシック賞、第51回サントリー音楽賞を受賞。

奨学金給付期間中の思い出

ハノーファー国立音楽大学に在学中、ミュンヘン・コンクール、エリザベート王妃コンクールやクララ・ハスキル・コンクールなどに出場したり、夏の講習会を受けにフランスのニースへ行ったり、ヨーロッパを旅行する事が多かった。大変凝縮された経験深い時間だった。

これまでの奨学生のご紹介

1991年の設立から現在まで支援してきた奨学生のプロフィールや奨学生当時の思い出など