ローム ミュージック ファンデーションは、
音楽を通じて豊かな文化を作ることを目指しています。

HOME活動紹介ローム ミュージック フレンズの活躍

ローム ミュージック フレンズの活躍

1991年の設立以来、ローム ミュージック ファンデーションはこれからの音楽界を担う若い音楽家たちの夢をサポートしています。支援してきた多くの奨学生の方々が、「ローム ミュージック フレンズ」として、共に多くの方々に音楽を届ける仲間となり国内外で活躍しています。

山本 亜希子 (Ms.Akiko Yamamoto)

ピアノ/piano  (奨学金受給年度 2006,2007,2008,2009,)

プロフィール及び近況

203(c)Julien Mignot

2002年第57回ジュネーブ国際音楽コンクール第2位入賞。2004年第14回ロベルト・シューマン国際コンクール優勝。2009年第32回ヴィットリオ・グイ国際室内楽コンクール第3位入賞。2005年より度々共演を重ねているエベーヌ四重奏団とレコーディングを行ったブラームスピアノ五重奏曲のCDがVirginクラシックよりリリースされ、世界各国で高い評価を得た。現在パリ在住。ヨーロッパ、日本を中心にコンサート活動を行っている。

奨学金給付期間中の思い出

寒く暗い冬が長く続くモスクワで観たバレエやオペラ。その華やかで色鮮やかな舞台は未だに忘れら れない。そして毎回のレッスンは勿論、日々の食事からロシア語etc.やはりその場所に住んで生活してみないと分からない事が沢山ある。ロシア音楽がグッと身近な物となったのは確か。そしてその後移り住んだパリ。街自体が素晴らしい芸術品であるこの場所で、また新たな感性を刺激された。ロシアとフランスは遠いようで意外に共通点が多い事に気付けたのも収穫。

これまでの奨学生のご紹介

1991年の設立から現在まで支援してきた奨学生のプロフィールや奨学生当時の思い出など