ローム ミュージック ファンデーションは、
音楽を通じて豊かな文化を作ることを目指しています。

HOME活動紹介ローム ミュージック フレンズの活躍

ローム ミュージック フレンズの活躍

1991年の設立以来、ローム ミュージック ファンデーションはこれからの音楽界を担う若い音楽家たちの夢をサポートしています。支援してきた多くの奨学生の方々が、「ローム ミュージック フレンズ」として、共に多くの方々に音楽を届ける仲間となり国内外で活躍しています。

山下 愛陽 (Kanahi Yamashita)

クラシックギター/calssical Gt.  (奨学金受給年度 2020,2021)

プロフィール及び近況

1997年長崎生まれ。ベルリン芸術大学ギター科学士及び修士課程を経て、現在同大学声楽教育学科及び、ニュルンベルク音楽大学ギター科修士課程に在籍中。幼少よりギタリストの父·山下和仁、作曲家の母·藤家溪子のもとで音楽を学び、渡独後はトマス・ミュラー=ぺリング、カルロ・ドメニコーニ、そして現在ビョルン・コレルに師事。 7歳の頃から「山下和仁ファミリークインテット」のメンバーとして、また山下和仁とのギターデュオで国内および欧米アジア各地で公演。2015年より渡独し、ベルリンを拠点に世界各地でソリストとして精力的に演奏活動を行っている。2019年ドイツギター賞受賞、第66ARDミュンヘン国際音楽コンクール、セミ・ファイナリスト、イザローン国際ギターコンクール第2位ほか、国際コンクールでの受賞多数。これまでにエストニア国立交響楽団、ウイーン市オーケストラなどと共演。2021年春にはソロアルバムもリリース。

2021年度給付期間中の在籍学校

ニュルンベルク・アウグスブルク音楽大学、ベルリン芸術大学

奨学生としての今後の抱負

何事にも積極的な姿勢で取り組み、人々との交流や演奏活動での経験を基にさらに研鑽を重ねていきたいと思います。

2021年度奨学生のご紹介

2021年度奨学生のプロフィールや奨学生としての抱負コメントなど