MY PAGE

ENTRY

MY PAGE

ENTRY

情報システム開発

情報システム開発
情報システム開発

世界中のロームグループで
業務の効率化に貢献。

社内SEとして、ユーザーの要望をかたちにしていく。
写真1

私の主な仕事は、社内システムの開発と運用、保守です。システム開発を自社で行っている企業は珍しいと思いますが、社内SEとしてユーザーの要望をシステムに反映していくのが私たちの役割です。ユーザーから要求された機能を満たそうとするとプログラムには様々な道が拓けます。その中で、最も効率の良いプログラムを探しながら書いていくのが、この仕事の面白さです。プログラミングによって処理の時間を短縮できると、社内で毎日多くの人が使うシステムになるので全体の効率削減に貢献することができます。例えば、1日に1000回行われる処理の処理時間を1秒短くするだけでも、1日約17分、1年で約100時間の業務時間を短縮できるのです。ロームグループは世界中に拠点があるので、自分が手がけたシステムがワールドワイドに使われ、業務の効率化に貢献できていると思うとやりがいを感じます。また、ユーザーと近いところで開発ができて、リアクションが直に返ってくるのも社内SEならではの魅力だと思います。

ユーザーが身近にいるからこそ感じられる厳しさと喜び。
写真2

高校時代からインターネットの世界に面白さを感じていて、夢がある世界だと思っていました。大学でも情報系の学部に進み、プログラミングを学びました。就職活動でも、お客様と近い距離で仕事ができる社内SEを志望。ロームはまさにシステムを自社開発しており、さらに世界展開をしているという点で魅力を感じました。入社してみて、社内SEならではの厳しさも体感しています。例えば、ユーザーが社内にいるため、頻繁に要件が変わること。しかし、それに対応することで、応用力や綺麗なコードを書く力が身についたようにも思います。SEというと、個人で行う業務が多いように思われがちですが、そうではありません。もちろん、個人で集中して作業することもありますが、やはり周囲と協力しながらシステムを作っていくチームワークも必要です。今は「こういうものを作ってほしい」という要望を受けて、システムを開発することが多いのですが、今後はさらに上を目指して、「どういうふうに、どんなものを作っていくか」という段階から、システムの構築に携わっていければと思っています。

子どもの頃の夢は?
写真3

大工さんになるのが夢でした。

入社前の自分にアドバイスしてあげるなら?

英語を勉強しておくと、できる仕事が多くなるとアドバイスしてあげたいです。

1日のスケジュール
  • 始業
  • ユーザーの要望をまとめ要件定義

  • システム設計

  • アプリケーション開発

  • 昼食

  • テスト

  • 作成したシステムのレビュー

  • システムの展開

  • 退社

オフタイムの過ごし方
ジムで運動しています。会社が契約しているジムに1回500円で通えるので助かっています。

先輩紹介一覧先輩紹介一覧

PAGE TOP