IoT技術情報サイト

知って得するキーポイント

ML7404:低電力広域通信(LPWA)対応デュアルモード無線通信LSI

LPWAでは
通信距離が大幅に伸び
応用分野が広がる

注目ワード
  • ML7404
  • LPWA
  • Low Power Wide Area
  • 低電力広域通信
  • IEEE802.15.4k
  • Sigfox
  • デュアルモード
  • IoTアプリケーション
  • ガス/水道スマートメータ
  • センサネットワーク
  • 構造物ヘルスモニタリング
  • スマート農業
  • 防災
  • 評価キット
  • ML7404EVB

ラピスセミコンダクタは、これまでSubGHz帯無線通信LSIを業界に先駆けてリリースしてきました。そして、今回も業界初*となるLPWAデュアルモード対応した無線通信LSIを開発しました。 *2017年8月、ラピスセミコンダクタ調べ

ML7404は、免許不要のSub-GHz帯域を用いたLPWA(Low Power Wide Area:低電力広域通信)のなかでも、世界30カ国以上で採用が進み国内でも首都圏を中心にサービスが展開され始めた「Sigfox」、そして、妨害波耐性が高くより多くの端末をネットワーク下に収容できる国際標準規格「IEEE802.15.4k」の両方の無線方式に対応しています。このデュアルモード対応により、まだ流動性が否めないLPWAアプリケーションに柔軟な対応が可能です。

SigfoxとIEEE802.15.4kの両方式に対応し、IoT機器の通信距離がSubGHz無線比10倍に伸長

ML7404が対応するSigfoxとIEEE802.15.4kは、無線通信距離が大幅に伸びることが特長です。この特長を生かし、LPWAでのIoTアプリケーションもさらに広がりを見せると予想されています。アプリケーションとして、ガス/水道スマートメータ、センサネットワーク、構造物ヘルスモニタリング、スマート農業、防災などが考えられ、その他の長距離無線通信が必要な産業機器全般に利用可能です。

アプリケーション例

応用が期待できるいくつかのアプリケーション例を示します。

・ガス/水道スマートメータ

電池駆動のスマートメータでは、低消費電力であることが必要です。また、隣家が遠い閑散地では、ホッピングを利用して通信伝達距離を伸ばすことができません。このような状況では、LPWA無線が有効な通信手段となります。

LPWAアプリケーション例:左:ガス/水道スマートメータのネットワークの課題。右:ガス/水道スマートメータ用末端デバイスの例。

・構造物ヘルスモニタリング

橋梁やトンネルなど、センシングのために新たな電源工事が必要な場合や、長い通信距離が必要な条件でのセンサデータの収集にはLPWA無線が有効です。

LPWAアプリケーション例:左:構造物ヘルスモニタリング。右:LPWA構造物ヘルスモニタリング用末端デバイスの例。

・スマート農業

スマート農業のセンサデータ収集には、電池駆動で広範囲をカバーする必要があります。

LPWAアプリケーション例:左:スマート農業ネットワーク。右:LPWA通信電池駆動土壌センサの例。

充実した開発サポートを用意

様々なアプリケーションの開発のために、ML7404の評価、開発用に評価キットを用意しています。評価キットML7404EVBには、評価ボード、制御ボード、ソフトウェアツールCD-ROMが含まれており、PC用GUI対話型ソフトウェアにより、簡単に送受信テストの設定が可能です。また、同梱のRFテストマクロを使用することにより、TELEC試験項目をすぐに測定することができます。

この他に、モジュールタイプのリファレンス設計情報の提供を準備しています。さらに、ラピスセミコンダクタのホームページのサポートページへ登録すると、様々なマニュアルやツールがダウンロードできます。

なお、LPWA無線機器開発を容易にするML7404搭載通信モジュールもパートナー会社から発売予定です。また、IEEE802.15.4k用プロトコルスタックもパートナースタックベンダ会社がオープンソースとして提供予定です。

技術資料ダウンロード