IoT技術情報サイト

知って得するキーポイント

モーションセンシングデバイス Part 6

赤外高出力半導体レーザ

注目ワード
  • 高出力赤外半導体レーザ
  • キンク
  • モーションセンシング
  • 三次元距離測定

赤外高出力半導体レーザは、モーションセンサやジェスチャ入力をはじめ三次元距離測定など、様々な用途に利用可能です。高出力の赤外線を放射し、対象物が反射した赤外光を受光することにより、人や物体の動きと位置を高い精度で検出することができます。

RLD8xxxJxシリーズは、820~850nm帯の高出力赤外半導体レーザです。CW(無変調連続波)で200mWの高出力を達成しています。温度特性に優れ、レーザ光の方向が変わるなど不安定要因であるキンクはありません。

graf_20170926_04

特長

  • ・820~850nm帯赤外半導体レーザ
  • ・キンクフリーの高出力200mW(CW)
  • ・高効率
  • ・良好な温度特性
  • ・動作温度範囲:-10℃~+60℃
  • ・MTTF40,000時間以上(200mW、60℃)

アプリケーション

  • ・モーションセンサ
  • ・三次元距離測定、他

graf_20170926_05

アプリケーションとしては、モーションセンシング三次元距離測定の他、今後様々なセンシングへの応用が期待されます。

graf_20170926_06

以下に、奥行き(距離)の測定方法の例を示します。

graf_20170926_07

820~850nm帯 赤外高出力半導体レーザ:RLD8xxxJxシリーズ

品名 波長
λp
(nm)
絶対最大定格
(Tc=25℃)
内容 条件
Po
(mW)
等価回路図
Po
(mW)
VR
(V)
Topr
Max.
(℃)
ITH
(mA)
Iop
(mA)
η
(W/A)
Vop
(V)
Im
(mA)
θ⊥
(deg)
θ//
(deg)
内容
RLD82PZJ1 822 220 2 60 50 255 0.95 2.4 0.30 17.0 9.5 200 graf_20170926_08
☆RLD84PZJ2 842 220 2 60 50 255 0.95 2.4 0.30 17.0 9.5 200
☆RLD82NZJ1 822 220 2 60 50 255 0.95 2.4 0.30 17.0 9.5 200 graf_20170926_09
NEW
RLD84NZJ2
842 220 2 60 50 255 0.95 2.4 0.30 17.0 9.5 200

☆:開発中

仕様の詳細は、リンクからデータシートで確認願います。リンクのない製品に関してはお問い合わせ願います。

安全性について
本製品は、一般的な電子機器への使用を意図しています。 半導体レーザからでるレーザ光は人体に有害ですので、動作しているとき、 発光部を直接見たり、レンズやファイバを通して見たりしないよう十分注意してください。

graf_20170926_10

技術資料ダウンロード