電源設計の技術情報サイト

技術資料ダウンロード

知って得するキーポイント

電気自動車レースの最高峰「フォーミュラE」にフルSiCパワーモジュールを提供

フルSiCパワーモジュールにより
インバータを6kg軽量化、
サイズも43%削減

注目ワード
  • フルSiCパワーモジュール
  • ヴェンチュリー・フォーミュラEチーム
  • SiCショットキーバリアダイオード
  • SiC-SBD
  • IGBT
  • ファストリカバリダイオード
  • FRD
  • インバータ
  • 43%の小型化
  • 6kgの軽量化
  • 大電流化
  • スイッチング損失を75%低減
  • 高周波動作
  • 周辺部品の小型化
  • 冷却システムも小型

ロームは、2017年12月2日に開幕した世界最高峰の電気自動車レース「FIAフォーミュラE選手権2017-2018(シーズン4)」に参戦するヴェンチュリー・フォーミュラEチームに、フルSiCパワーモジュールを提供しています。

ロームは、昨シーズン(シーズン3)にヴェンチュリーとオフィシャルテクノロジーパートナーシップ契約を締結し、昨シーズンは、SiCショットキーバリアダイオード(SiC-SBD)を提供しました。IGBTファストリカバリダイオード(FRD)による構成だったシーズン2のインバータは、FRDをSiC-SBDに変更することで、19%の小型化、2kgの小型化に成功しました。

ヴェンチュリー・フォーミュラEカー、ローム製フルSiCモジュールをインバータに採用。

シーズン4となる今シーズンからは、SiC-MOSFETとSiC-SBDをモジュール化したフルSiCパワーモジュールの提供によって、SiC-SBD搭載のシーズン3のインバータから30%の小型化、4kgの軽量化を達成し、SiCパワーデバイス未使用のシーズン2のインバータと比較して、43%の小型化、6kgの軽量化を実現しました。

ヴェンチュリー・フォーミュラEカーのインバータは、ローム製フルSiCパワーモジュールにより大幅な小型軽量化を実現。

今回、ヴェンチュリー・フォーミュラEチームのマシンのインバータに搭載されているフルSiCパワーモジュールは、独自の内部構造を持ち放熱を最適化した新パッケージの開発により大電流化を実現しています。また、一般的な同等電流定格のIGBT+FRDのモジュールに比べて、スイッチング損失を75%低減しました(チップ温度150℃時)。

ローム製フルSiCパワーモジュールは、同等定格のIGBT+FRDモジュールよりスイッチング損失を75%低減。

また、SiCパワーデバイスの特長である高周波動作により周辺部品の小型化が可能で、IGBTに比べ高速動作時のスイッチング損失が少なく発熱が小さいことから冷却システムも小型にでき、システム全体の大幅な小型を実現します。

フォーミュラEは、2014年に国際自動車連盟(FIA)主催で始まった完全電気駆動のレースで、化石燃料を使わず環境にも優しいため、香港やベルリン、ニューヨークなど世界各国の都市部にて公道レースが展開されています。電力をいかに無駄なく活用できるかが勝敗を分ける鍵となり、フォーミュラEでの技術革新が一般電気自動車への先駆けとなると期待されています。また、まだ創立してまもないモータースポーツにも関わらず、既に世界中の自動車関連企業が参加しており、さらに日本をはじめとする世界の主要自動車メーカーが続々と参戦を表明しています。

技術資料ダウンロード