電源設計の技術情報サイト

技術資料ダウンロード

知って得するキーポイント

BD9V100MUF-C:業界最高降圧比を達成したDC/DCコンバータ

2MHzで降圧比24:1のメリット

注目ワード
  • BD9V100MUF-C
  • 超高速パルス制御技術
  • Nano Pulse Control
  • 60V
  • 2MHz
  • 降圧比
  • 車載
  • AMラジオ帯
  • マイルドハイブリッド自動車
  • 48V
  • 2ステップ降圧
  • 電源回路の簡略化
  • 省スペース化

ロームは、2MHzスイッチングで業界最高の降圧比を達成したDC/DCコンバータIC「BD9V100MUF-C」のサンプル出荷を2017年6月から開始しており、2017年12月に量産体制に入ることを発表しました。

BD9V100MUF-Cは、2016年のCEATECをはじめとした展示会などでエンジニアサンプルでのデモが行われ、すでに開発が行われていることはアナウンスされていました。非常に注目度が高かったこともあり、Tech WebではすぐにTECH INFOの「エンジニアに直接聞く」で取り上げ、「48Vから3.3Vに直接降圧可能なDC/DCコンバータIC」と題し、「Part 1:48Vから3.3Vに直接降圧はできない?」と「Part 2:48Vハイブリッドシステムの電源をシンプルにして損失を減らす」の2本の記事をアップしました。

この記事では、正式リリースとなったBD9V100MUF-Cの仕様と特長を確認したいと思います。上記の記事に記した基本的な機能や特長に概ね変更はありませんが、当時、仕様や規格値は暫定であったため若干の変更があります。データシートも初版がリリースされていますので、詳細につきましては必ずデータシートを参照してください。

2MHzで降圧比24:1のメリット

BD9V100MUF-Cは、MOSFET内蔵の同期整流式降圧DC/DCコンバータICです。ロームが独自に開発した超高速パルス制御技術「Nano Pulse Control®」により、スイッチング周波数2MHzの条件で、最大60Vの高入力電圧を最小2.5Vにまで降圧できます。降圧比は24:1となり、これは業界最高*の降圧比になります。(*2017/7/27 ローム調べ)

BD9V100MUF-Cは産業向けにも検討可能なDC/DCコンバータですが、特に車載機器への搭載を強く意識しています。2MHzのスイッチング周波数は、小型の周辺部品を使用できることから電源回路の小型化に寄与するのと同時に、AMラジオ帯への干渉を避けるため車載機器では標準的な要求事項の1つです。

また、近年のマイルドハイブリッド自動車など48V系電源で駆動する車載システムでは、実質的に48Vの変動を考慮した60V入力が求められており、60Vからシステム電圧の5Vや3.3Vへの降圧が必要になっています。しかしながら、従来品では2MHzのスイッチング周波数で、このような高い降圧比に対応できる電源ICがなかったため、例えば、まず60Vから12V、その12Vを5V/3.3Vにという、降圧コンバータを2個必要とする2ステップの降圧手法が一般的でした。

P_13_graf_03

BD9V100MUF-Cは最大24:1の降圧が可能なので、60Vから2.5Vへの1ステップ降圧が可能です。つまり、DC/DCコンバータを1個減らすことができ、スペース削減と電源システムの簡略化が可能です。

このようにBD9V100MUF-Cは、2MHz動作と高降圧比の実現により、特に車載機器に強く求められている、AMラジオ干渉対策と小型化(2MHz動作)、そして電源回路の簡略化省スペース化(60V/48Vから低電圧へ1ステップ降圧)といった課題に対するソリューションとなります。

BD9V100MUF-C:業界最高降圧比を達成したDC/DCコンバータ 関連記事

技術資料ダウンロード