電源設計の技術情報サイト

技術資料ダウンロード

イベント

ロームは、2017年10月3日~6日に開催されたCEATEC JAPAN 2017に出展しました。今年も製品展示に加え、多彩なステージやデモを行い、昨年に続きIoTに向けたロームの半導体ソリューションを、数多くの来場者の方々にご覧いただきました。また、CEATEC AWARD 2017では、「世界初!自動車のノイズ対策を不要にするオペアンプ」が、イノベーションテクノロジ・ソフトウェア部門において準グランプリを受賞しました。これで、ロームグループとして7年連続の受賞となりました。

「ROHM’s Technology」、「ROHM’s Playground」、「半導体製品」
キーワードは「IoT」、「センシング」、「オートモーティブ」、「インダストリアル」

ceatec_report2017_power_img01

ROHM’s Technology」では、オートモーティブインダストリアルをテーマにした展示を行いました。オートモーティブでは、自動運転に向けたAutomotive 4.0、そして、環境、安全、快適を促進する数々の機能を搭載した車両型のデモ機を展示し、来場者の方々に体験していただきました。インダストリアルでは、昨年大きな反響をいただきましたマシンヘルスモニタリングの発展タイプのデモと、周辺設備モニタリングと関連するセンサ類を紹介いたしました。

ROHM’s Playground」では、ローム主催のアイデアコンテスト「ROHM OPEN HACK CHALLENGE 2017」で選ばれた優秀作品5製品を展示しました。また、「Creator‘s Co-Lab」では、3年目を迎えたORIZURU Projectが「最先端技術×京の伝統工芸」をテーマに、和紙を纏ったORIZURUが飛行しました。また、ロームセンサメダルを応用した弦楽器レッスン用アプリのBowing Vision、ロームのモーションセンシング技術でジェスチャーコントロールを実現したメカニカルロボット「メカモ」の操作を体験いただきました。

ceatec_report2017_power_ttl

アナログパワー最先端技術「ナノテクノロジー」

ナノテクノロジーは、ロームの先行開発プロジェクトから生まれました。ロームの垂直統合型生産体制を生かし、回路設計、レイアウト設計、そしてプロセス技術に至るまでを追求した最先端技術です。

Nano Pulse Control®

Nano Pulse Controlは、超高速パルス制御テクノロジーで、同期整流降圧DC/DCコンバータの最小オン時間を9nsにまで狭めることができました。これは、業界最小です。これによって、2MHzという高速スイッチングにおいて、従来は不可能だった24:1という高い降圧比が可能になり、欧州を中心に導入が進んでいるマイルドハイブリッド車の48V電源システムにおいて、1ステップでECUの3.3Vや2.5Vに降圧ができます。従来は、48V→12V→3.3V/2.5Vといった2ステップ降圧が必要だったので、1ステップにできることで、単純に電源の数が2つから1つになり、部品数やスペースを大幅に削減できます。

ceatec_report2017_power_img02

現在、DB9V100MUFがすでにリリースされており、近々にシリーズ第2弾の製品リリースを予定しています。

ceatec_report2017_power_graf01
ceatec_report2017_power_graf02

展示パネル(PDF)のダウンロードはこちら※11月10日(金)まで

ceatec_report2017_power_btn01

ceatec_report2017_power_img02

Nano Energy®

Nano Energyは、超低消費電力電流テクノロジーです。バッテリ駆動のIoT機器の多くは「コイン電池で10年駆動」がキーワードになっています。これにともない、DC/DCコンバータにはさらなる低消費電流化が求められています。ロームは、低消費電流化による生じる特性や性能面でのトレードオフを最小限に留め、徹底的な消費電流の削減を可能にしたNano Energyテクノロジーを駆使し、従来の世界最小だった360nAの半分の消費電流で動作するDC/DCコンバータを開発しました。BD70522GULは世界最小となる180nAの消費電流を実現した、スイッチングトランジスタ内臓の降圧コンバータです。軽負荷時にも高効率を維持し、待機時の電力消費を大幅に改善できます。

  • ceatec_report2017_power_graf03
  • ceatec_report2017_power_graf04
  • ceatec_report2017_power_graf05

展示パネル(PDF)のダウンロードはこちら※11月10日(金)まで

ceatec_report2017_power_btn02

進化が続くSiCパワーデバイスが省エネルギーに貢献

ロームのSiCがパワーデバイスは進化を継続し、パワーアプリケーションの高効率化、小型化を推進しています。

SiCショットキーバリアダイオードは、第三世代SCS3シリーズのリリースにより、さらなる低VF特性を達成したことで損失を削減し、IFMS高めたことでサージ電流耐量を向上させました。

SiC-MOSFETは、第二世代SCT2およびSCH2シリーズに加え、世界初のトレンチ構造採用SiC-MOSFETである第三世代SCT3シリーズが、低スイッチング損失と低オン抵抗により省エネに貢献しています。

また、フルSiCパワーモジュールも、これらの新世代SiCパワーデバイスの搭載により進化を続けています。

ceatec_report2017_power_img04

展示パネル(PDF)のダウンロードはこちら※11月10日(金)まで

  • ceatec_report2017_power_btn03
  • ceatec_report2017_power_btn04
  • ceatec_report2017_power_btn05